fc2ブログ

タイトル画像

手術説明

2024.04.13(15:29) 2256

dc041301(修整1)

30日予定の手術の説明を聞きに行きました。思っていたより大がかりの手術でちょっと不安になりました。ヘルニアの方椎間孔外側ヘルニアで珍しい部類に入るヘルニアです。椎間孔の狭窄は加齢によるもので、こちらが大変な手術になるようです。腰椎後方椎体間固定といって骨を切ったり固定したりとたいそうな感じです。手術のリスクを聞いているととても怖くなりました。手術の選択が良かったのかどうかも考えてしまいました。どんな手術も万が一を考えて医師は最悪のことを言います。今までの12回の手術は切羽詰まってのものなのでリスクなど言っておれない状況で手術したので手術前はあまり気になりませんでした。今回は、そうではないのでことさらリスクが気になってしまいます。
手術説明書の最後の文言「手術は現在の我が国の脊椎外科の常識に基づいて進行させることをお約束いたします。実際上、ほとんどの方は何事もなく手術をして退院されています。しかし長年の手術経験を積んでいる私でも、時々意外なトラブルに出会うことがあるのが手術というものの現実です。運悪く、トラブルが発生しても、私をはじめとする診療スタッフと、ご本人、ご家族との良好な協力があればなんとかか解決できる場合がほとんどなので、その際は何はともあれ対策にご協力下さい。また、予想外の緊急事態の発生の細には、医師としての良心に従って患者さんの安全と利益を考えて対処して参ります」
コレを信じて手術に挑もうかと考えています。かみさんの何かあっても私が面倒見るからと言う言葉にも励まされています。

悠々自適


トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
2024年04月13日
  1. 手術説明(04/13)