fc2ブログ

タイトル画像

フェルメール

2022.08.31(19:29) 1970

vermeer-930x450_convert_20220831193331.jpg

フェルメール窓辺で手紙を読む女

pc_kv@2x_convert_20220831201551.png


 人生の晩年をじっと閉じこもった生活を送りたくないと思っています。感染後3か月ぐらいは同じウイルスだったら抗体ができているということなので今のうちに出かけようと思いました。日曜日には、唇下のあざのようなものも薄くなりこのままよくなるような気がしましたので、突如、大阪市立美術館にフェルメールの絵を見に行きました。日曜日でしたのでそこそこに人がいました。お目当てのフェルメールの「窓辺で手紙を読む女」もちゃんと見れました。背景の壁に昔は何もなかったのですが、いろいろ調査した結果天使の絵があるようだということで修復されて、初めて日本で展示されたものということです。ポスターには大きくフェルメールと書かれ、あたかもいくつかのフェルメールの絵が展示されているようですが、フェルメールの絵はこの一点だけでした。ポスターを見るとつづきに「17世紀オランダ絵画展」と書いてありフェルメール展ではないよいうことに気づきました。全般に小さめの絵が多く近くで見なければわかりにくいものが多かったです。
 美術館を出て40分ぐらい日陰で休みました。そばの天王寺芝公園で休もうかと思いましたが人が多かったので美術館前の植え込みの前の日陰で休みました。夕食時になりましたので駅地下の以前にも行った食堂に行って夕食を済ませ、以前泊りました近くのビジネスホテルが格安期間でしたので昨晩予約して泊まりました。このホテルの朝食は初めに規定の食事ですが、飲み物やパン、サラダなどはバイキング形式で自由です。食堂の窓が大きく大阪を一望できる感じがいいです。
 朝食を済ませ、すぐそばの「あべのハルカス」で「ピーターラビット展」をやっていましたのでそれを見に行きました。会場は写真を撮れるコーナーがあり、ピーターラビットのセットのようなところがいくつかあり結構楽しめました。ハルカスの展望台は以前行って怖くて身動きできませんでしたので途中の16階の展望台でゆっくりしました。ちょっと疲れたのでベンチで横になってスマホをいじっていましたら、すぐに係り員が来て、「ここでは寝転がらないでください」と注意されました。どこに係員がいたのかと不思議に思いました。多分監視カメラで見て飛んできたのではと思いました。ほとんど人はいませんでしたし、寝転がるなという注意書きもなかったのでちょっと嫌な気分でした。
 帰りに駅の商店街で「りくろーおじさんのチーズケーキ」を買って帰りました。2日で15000歩、歩き久しぶりに疲れました。コロナも怖いですが、出かけると肉体的、精神的にリフレッシュできるような気がします。わたしは 冬が弱いのでこの秋はまた神戸か、京都に出かけようかなと思っています。自分でできる感染対策をしっかりして。
 
 


悠々自適


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

心配性

2022.08.28(11:28) 1969

 昨日は、コロナ感染で延び延びになっていました、前立腺の検査に行ってきました。往きはタクシーで行きました。朝一番に尿検査と血液検査PSAをやってもらいました。結果は1時間ぐらい後ですのでそのまま予約時間まで待っていました。待っている間、PSAの数値が上がったいたら精密検診だなとか、いや数値は下がっているので経過観察で済むかなとかいろいろ考えていました。泌尿器科の待合には年配の男性や女性ばかりです。前立腺の異常は年齢が行くと仕方がないことではありますが、癌は嫌だなと思っています。前回初めてPSAの数値が基準値越えでした。
  名前を呼ばれてDrの前に座るとすぐに検査結果の紙を印刷してくれ、「数値が下がっているので、大丈夫かな、」と言われてほっとしました。数値は前回の半分になっていました。ネットでも調べていましたが急に数値が上がった場合、前立腺の炎症があるのではということでしたので、Drに尋ねますとそうだろうということでした。特に薬もなく来年また念のために検査をしましょうということになりました。かみさんに電話して、帰りは歩いて帰りました。
 前立腺が無事でしたのでほっとしていましたら、かみさんが「下唇の下が黒いのは何で」と言われ鏡をみますと大豆くらいのシミのようなものができていました。特に盛り上がっているわけではないのですがなんとなく気味が悪いです。土曜日、日曜日は皮膚科も休みなので月曜日に行ってみようと思っています。ほくろやシミのようなものの中にはメラノーマという癌があるとネットに書いてあり不安になってしまいました。一つ解決するとまた新しい不安が生まれます。本当に心配性だなと自分の性格が嫌になります。

悠々自適


トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

当たり前

2022.08.24(19:23) 1968

 昨日しばらくご無沙汰していた、友人から電話がありました。私より一つ上の友人です。以前私が家を買うときにいろいろ世話になり、買った家の近所に住んでいました。今は隣の市に住んでいます。奥さんとは私は同じ学校に勤めていました。何年前か大腸がんが見つかったのですが手術を嫌がり2年ぐらい手術しないでいたのですが、結局手術して事なきを得たと聞いていました。私と同様、病に対する神経症的なところがある友人です。電話によると、昨年の十二月に脳梗塞になり片手、片足が不自由になったということです。幸い会話や思考は損傷せず話すことができました。今は下半身不随で介護施設に入っている私の親友のことを話し、自分でトイレに行き、ふろに入り、食事もできることはラッキーだと思うと伝えました。
 その友人の話では私がもう20年以上前のことですが、かみさんとけんかして、酒など飲めないのに、ヤケ酒で酔いつぶれた時、救急病院に運んでくれた一つうえの先輩の様子を教えてくれました。それによりますと、その先輩は、以前、胃がんの手術をしたことは知っていましたが、最近食道がんになり、もう手術も何もできない状態で家で過ごしているとのことでした。健康な時は当たり前にできていることが病で突然できなくなることは本当につらいだろうと思います。
 本当に自分と同じような年齢の人が病に臥せったり、亡くなったということを聞くと、今自分が生きていること、普通に飲んだり食べたり、会話したり、歩いたり、排尿排便したりできていることはありがたいことだとつくづく思います。
 電話で友人が「本当に、君は病気に強いな。結構大病しているのに。」と言われました。これからも一病息災ならず百病息災で頑張ろうと思っています。

悠々自適


トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

鼻炎2

2022.08.23(09:38) 1967

 一週間くしゃみで眠られなかったのですが、耳鼻科に行って、診てもらいました。以前の副鼻腔炎から鼻骨骨髄炎の恐怖がありました。その旨伝えると、しっかり診てくれ副鼻腔炎はあまり問題はなく、鼻炎ということでした。飲み薬とパウダーを処方してくれました。2週間分の薬をもらっています。もしそれで治まらなかったらまた来て下さいということでした。帰ってからすぐに、飲み薬を飲みパウダーをしました。その夜は、うそのように鼻のムズムズがなくなり、くしゃみも止まりました。久しぶりに7時間眠ることができました。睡眠の質も深い睡眠、と浅い睡眠が同じくらいになっていました。もっと早く病院に行けばよかったと思いました。

悠々自適


トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

鼻炎

2022.08.19(16:19) 1966

今朝4時ごろからくしゃみが出て30分ぐらい止まりませんでした。今日は何としても耳鼻科に行こうと朝から行きました。手術はしてくれませんがこの病院の耳鼻科は、かかりつけ医が亡くなってから診てもらっています。3年前、頭を刺すような激痛に襲われ救急で運んでもらい、土、日でしたので手術可能な病院は受け入れてもらえず、やむなく手術はできないが受け入れてもらい2日間、とりあえず痛み止めで痛みを抑えてもらいました。日赤に月曜日に紹介状をもって行き、結局好酸球性副鼻腔炎および菌の付着による骨髄炎を起こしているということで緊急手術しました。今度も副鼻腔炎を起こしていないか診てもらいました。それはなく鼻炎ということで点鼻薬と飲み薬をもらって帰りました。
 耳と鼻については、小学校のころから蓄膿症や中耳炎と言われていました。にもかかわらず完治させず、ちょっとましになると途中で治療を放棄したため、60過ぎてから本格的な治療や手術をしたのですが手遅れで、今は、音を失い、匂いを失ってしまいました。
 子や、孫には同じ思いをさせたくないので、もしこのような病気がわかったらさっさと治療して完治させることが大事だと言っています。今晩は、7時間眠れるだろうか。6時間は眠りたいです。

悠々自適


トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ハイビスカス

2022.08.18(08:17) 1965

dc081801(修整1)_convert_20220818080515
 冬の間も咲いていましたハイビスカス。本番の夏になってたくさん花を咲かせています。挿し木をしようと思っていましたが、つぼみがついているのを切り取るのも気が引けておいていましたら、背丈も伸びて花をたくさんつけたものです。コロナで鬱陶しい毎日、鼻炎でくしゃみのため睡眠不足の中きれいな花を見ると少し気分が晴れます。昨晩も11時半ぐらいから1時近くまでくしゃみで眠れなかったです。今日は、いつも言っている総合病院の耳鼻科は予約だけですので、明日行こうかなと思っています。3年前好酸球性副鼻腔炎に菌が付き鼻骨骨髄炎で手術した時の悪夢がよみがえってしまいます。アレルギー性鼻炎なのか副鼻腔炎なのか見てもらおうと思っています。


悠々自適


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

くしゃみ

2022.08.16(10:05) 1964

 このところずーと体調のことばかりのブログです。読んでいてもちっとも面白くないでしょう。気晴らしに書いている感じです。4,5日前から鼻がムズムズ、くしゃみをしています。昼間より、夜がひどくなって睡眠不足気味です。鼻うがいをしたり市販の点鼻薬をさしてみるのですが治まりません。風邪ではなく鼻炎といった感じです。念のため、抗原検査キッドで調べましたが陰性でした。コロナのリバウンドでもなさそうです。今朝意を決して耳鼻科に行くことにしました。始まる20分前に行ったところお盆休みでした。仕方なく、家で、鼻うがいをしました。
 耳鼻科も以前はかかりつけ医がいましたが、先生がお亡くなりになり、今は違う病院になっています。以前の先生の時は先代から40年ぐらいお世話になっていましたので、私の症状にあった処置をしてくれとても助かっていました。今は、あまり丁寧ではありませんし、私の病歴を把握されていませんので的確な処置をしてもらったという感じはしません。医者は長く付き合うほうがいいです。私は、心臓の先生、内臓の先生、肺の先生を決めています。

悠々自適


トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

コロナリバウンド

2022.08.11(19:05) 1963

 コロナというウイルスは本当に厄介です。バイデン大統領が検査で陽性にまたなったというニュースがありました。原因は重症化予防の薬パキロビットを服用していたことによるともいわれています。この薬を服用した場合0.9%の人が5日~15日の間に検査で陽性を示すことがあるとのことです。症状は鼻水、咳が出る程度で軽症だそうです。バイデン大統領の再陽性のニュースを見て、私も服用した同じ薬だということに気づきました。パキロビットという薬を飲み終わって、今日で15日目です。お昼ごろからくしゃみと鼻水が少し出て、気になっています。大きな症状は出ていないということなのであまり心配はしていませんが、他人にうつす危険はあるので、あまり正確ではないですが、検査キッドはもう使ってしまったのでまた購入して調べてみようかなと思っています。

悠々自適


トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

コロナ感染 3

2022.08.07(10:46) 1962

 コロナ感染には人一倍気をつけていたのですが、孫が保育園でもらってきたのにはしようがないと思いました。コロナ感染は、潜伏期間が2日ぐらいありそれで感染してしまうのではないかと思います。発症前の2日間3年ぶりの孫たちをどれだけ抱き、濃厚接触したかしれません。孫が発症後私は自己隔離したのですが手遅れでした。
 ホテル療養の時に思ったことは、食事に野菜類がほとんどないことです。野菜類を食べないので便秘気味になりました。もし、ホテル療養をされる方があったら是非野菜ジュースを持ち込むべきだと思います。
 家庭常備薬はカロナールが昨年かみさんの腰痛の時にもらったものがあってよかったです。カロナールでなくてもとにかくアセトアミノフェン系の解熱剤でいいです。
 今回の感染で思ったことは、かかりつけ医の大事さです。公的機関には絶対電話はつながらないものです。かかりつけ医に相談したり、指示を仰ぐことはとても安心感が持てますし、かかりつけ医の保健所へのアドバイスが大きな役目を果たすということです。救急車を呼べない時にかかりつけ医が手配を願って無事に危機を免れたということがネットでも書かれていました。
 コロナはとにかく検査して陽性の診断をもらい、保健所への報告がされないと放置されます。今回もかかりつけ医が検査をしてくれなかったら、私も自宅療養で放置されたはずです。こんな状況はコロナ感染が始まった2年半前と何も変わっていません。検討使総理大臣の下ではこれからも死者は増えていくでしょう。とにかく奴らに殺されないためには感染しない努力はせざるを得ません。
 かかりつけ医からの感染報告後保健所に食料配送の手続きをすると冷凍品やごはん、パンなどが人数分1週間分ぐらい送ってくれます。これは、我が家全員感染していましたので、とても助かったと言っていました。食料だけでなく特に 基礎疾患、高齢者には入院、ホテル療養ができなくても、せめてすぐに私が服薬した重症化予防の薬を届ける体制を作っていおれば大阪のような毎日二けたの死者は少しでもましになるのではと思います。相変わらず、自粛お願いしかしない吉村です。
 長女の家族も5人のうち3人感染したようですが検査にも行けず、病院にも行けず感染しただろうと自宅療養していました。そんな人が公表の感染者数の倍はいると思います。長女はワクチンを打っていないのでとても心配しましたが、熱が下がり、みんな元気にはなってきていると聞きほっとしています。
 病院も薬もない状態でインフルエンザと同じですと言われても納得できません。閣僚の一人ぐらい、自宅療養の間に急変して死ねば少し位対策がされるのかもと思ってしまいます。与党も野党も本当に国民の命を守るという概念はない気がします。日本はコロナに関しては医療後進国だとつくづく感じました。

悠々自適


トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

コロナ感染2

2022.08.05(10:08) 1961

20日にホテル療養が決まって待っていましたが、連絡がありませんでした。その夜保健所の方から連絡があり、「タクシーの手配ができないので朝一番に手配を頼むので待ってくれ。」とのことでした。感染者は、公共機関を使うなと言われています。車がないものはどうやって動けばいいのでしょう。ホテルや、ベットは確保できたが、移動手段が保証されていないことを知りました。公表されているいろんな数字はいい加減です。重症ベット使用率とか言っていますがベットはあるが、医師や、看護師がいないためベッドは空いたままなのです。いろいろ準備していますという国や府の言うことは欠陥だらけでやってます感を出しているだけです。大阪の死亡者が多い理由がよくわかりました。翌朝、タクシーの手配ができたとの連絡で待っていました。感染判明から3日目です。私はワクチンのおかげか重症化せずに3日間過ごせましたが、もし重症化していたらと思うとぞっとします。実際待機中に亡くなる方もあります。
 入所したホテルはホテル全体がコロナ患者用でした。私を最も安心させたのはホテルの二階に病院があったことです。22日にすぐに医師の問診があり、基礎疾患が多いので、アメリカの薬、パキロビットという薬を5日間飲むことになりました。この薬がおひとつ1cm厚さ5mmぐらいの大きな薬です。アビガンも大きいと聞いていましたが、コロナの薬は大きいのですね。看護師さんもとてもやさしく本当に安心できました。
 部屋は私の場合、ツインを一人で使うことになっていましたのであまり圧迫感がなく過ごせました。朝8時と午後4時に 
体温と血中酸素濃度を測ってスマホで看護師センタ^―に連絡します。その後看護師から状況把握の電話がありました。
 食事は自分で1階に弁当を取りに行きます。10階までありましたが放送で各階ごとに取りに行く指示がありました。
私は、薬のおかげもあるかと思いますがホテルにいる間は発熱も血中酸素濃度も正常でした。弁当はおいしいとは言えませんが、三食食べられることに感謝しました。
 私がホテルに行った後、我が家の娘や孫たちとの様子をLINEでやり取りしていました。孫たちは3日ぐらいで元気になり、家に閉じ込めておくのが大変だったようです。一番重症だったのは娘です。2か月の子に乳を飲ませなければならないし、遊び相手のジージもいない状況で元気になった子供の相手もしなければならないしで大変だったようです。喉痛のため声も出ず、食事もとれない状況だったようで、もしかしたら自分は死ぬかもとさへ思ったそうです。2か月の子の発熱もありとても不安だったに違いありません。私は、なにも症状が出なかったのでなんとなく一人ホテルに避難していたようで、心苦しく感じていました。
 かかりつけの先生が心配して電話してくれたようです。もし、「2か月の子に異変があったら、救急で2か月の子ですといえば、救急車も来るはずです。」とのアドバイスで気持ち救われたとかみさんは言っていました。 (つづき)
 


悠々自適


トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
2022年08月
  1. フェルメール(08/31)
  2. 心配性(08/28)
  3. 当たり前(08/24)
  4. 鼻炎2(08/23)
  5. 鼻炎(08/19)
  6. ハイビスカス(08/18)
  7. くしゃみ(08/16)
  8. コロナリバウンド(08/11)
  9. コロナ感染 3(08/07)
  10. コロナ感染2(08/05)
次のページ
次のページ