FC2ブログ
2019. 01. 14  
yjimage_201901141015308a7.jpg

 かみさんの体調もようやく戻ってきてやれやれです。4日間とても心配で、いろいろ心配した結果、今度は私の持病胃痛が起こり食欲が減ってしまいました。今日は少しマシになって食べられるようになりました。またそろそろ「胃カメラ」の時期かなと思っています。とにかくちょっとしたストレスや気候の変化にすぐ反応してしまう自分の体が情けないです。もっと、大らかにといつも思うのですがもって生まれた性分はなかなか変わりません。ほぼ毎日東京の一歳7か月の孫の笑顔の動画が薬になっています。
2019. 01. 10  
yjimage_20190110102353aab.jpg

 7日に無事退院してやれやれと思っていましたら、8日の夕飯時にかみさんが「胃が気持ち悪いので胃薬を」珍しく胃痛を訴えてきました。夕食もほとんど食べず、娘からかかってきた電話で話している最中に突然ゲホと嘔吐し、慌てて流しに行って大量の嘔吐をしました。そのあと下痢もしたようで、ちょうどノロウイルスが流行っているとの情報がありましたので不安になり、すぐに病院に電話していきました。7時半までは通常の診察でしたのですぐに症状を伝え内科の先生に診てもらいました。血液検査とレントゲンをすぐにとってくれ診断してくれました。結果はノロウイルスではないということでホッとしました。私も退院してきたところですので感染症は怖かったので本当によかったと思いました。点滴をしてもらい薬をもらって帰りました。昨年の暮れから一人で迎春の準備や片付けなどで疲れがたまっていたのでしょう。加えて私の病気がかみさんの疲れを増幅させたのではと思います。
 しんどいといってじっとしているわけもいかず、かみさんが倒れたら自分がしっかりしなければという気が沸いて少しあった頭痛も収まり家事をする気力が出てきました。かみさんにおかゆや消化のいいものを作って食べさせて2日間寝てもらいました。今日は気分もよくなってきたとのことで少し安心しました。病気とは縁遠いかみさんですがやはり加齢とともに弱ってきているのかなと思います。出来るだけ面倒かけないように元気に過ごせるよう頑張らなければと改めて思いました。
2019. 01. 03  
yjimage_201901032149389f2.jpg

今年は新年を病院のベットで迎えました。昨年の暮れ、15日に、頭が割れそうな痛みと寒気でタクシーもつかまらずやむなく救急車で病院に運んでもらいました。救急隊員の方の予測では蓄膿症の痛みではと考えられいくつかの病院に電話してくれたようですが受け入れ先がないのでいつも通っている病院にとりあえず運んでもらいました。そこで痛み止めの点滴を打ってもらい少し収まりましたがあいにくと土曜日、日曜日でしたので泉温委のいる日赤病院には行けず、2日間心臓などでお世話になっている病院で痛み止めで何とか持たせ月曜日に紹介状を書いてもらってすぐに日赤病院に行きました。日赤病院では救急病室にすぐに入れ、その後CT,MRI、血液検査、髄膜炎の検査とやってもらい結果を待っていました。以前から蓄膿症でお世話になっている女医先生が素早く手配をしてくれました。検査結果、鼻の骨のところの菌がついて、骨髄炎になっているようなので即手術となりました。手術はそんなに時間はかからなかったと思います。それまでの痛みが嘘のように取れまさに地獄で仏、大門未知子といった感じでした。その後の検査で緑膿菌も検出され1日3回の抗生物質の点滴が続いています。この菌は厄介なもので結構長く抗生物質で叩いています。
3日には外泊許可が出て今パソコンを打っています。孫たちの顔を見て少し元気になりました。6日には45年ぶりのクラス会にも出ていいということでやれやれです。もう少しで退院できるのではと思っています。ブログ更新がなくご心配かけました。またしばらく更新できません。
2018. 12. 14  
  yjimage_201812141921059f5.jpg

  あまりの痛さに今日は病院に行きました。CTを取ってファイバースコープで鼻や耳を撮ってもらいました。診断はまた蓄膿症が出てきているとのこと。7年前に手術した日赤病院に紹介されました。痛み止めの薬をもらって、病院の食堂でランチを食べて帰りました。帰ってから痛み止めの薬を飲んでも痛みが治まらず、「アスクドクター」に質問しましたらみなさん、痛み止めの量を増やしても構わないとの返事でしたので1錠のところ2錠飲みました。今はパソコンが打てます。でも明日、明後日と痛みが治まるかどうかわかりません。とにかく月曜日には日赤病院に行こうと思っています。私の蓄膿症は「好酸球性蓄膿症」で再発しやすいものです。以前は手術1年目で再発。今回は7年目で再発です。また手術になるかどうかわかりません。本当に嫌になるぐらいの病気持ちです。
2018. 11. 04  
yjimage_201811041718257d2.jpg

先週、一年ぶりに胃カメラを飲みました。先週の初めぐらいから胃もたれや、みぞおちの辺りの痛みを感じていました。かかりつけ医に頼んで胃カメラをしてもらいました。午前中の予約が取れなくて、午後3時からになりました。そうなると、朝は固形物は食べられませんし、昼は水も飲めず絶食になります。検査後も一時間以上は飲み食いできません。結局1日絶食って感じになりとっても負担が大きいです。幸い結果は、軽い胃炎との診断でホッとはしました。みぞおちの辺りが痛むと以前の十二指腸潰瘍か、心筋梗塞の放散痛ではと不安になってしまいます。心電図も見てもらっていましたのでどちらも該当しないとの診断で気持ちは落ち着いてきました。あまり気にせず前向きに考えてやっていくのが大事だと思いますが トラウマはそう簡単に払拭できません。11月は私にとって魔の月です。過去何度もこの月に入院しています。無事にこの月を乗り越えて孫達と会える正月を迎えたいと思っています。
コメントは拍手欄から お願いいたします
プロフィール

よたろう

Author:よたろう
経歴:
元自動車セールスマン、
元 教師、
元 教育委員会指導主事、
元 校長、
現在:フリーター
子 2人 ,2人とも結婚  
孫 4人
 経歴だけ見たら、すごく真面目で、堅物のようですが、いたって普通のジジです。ボケ防止のためにもブログを開設しました。多くの方々と交流できたらと思っています。
子育て、教育、政治、よもやま話しませんか。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -