FC2ブログ
2019. 01. 31  
yjimage_20190131103708d62.jpg

  また子どもの虐待死が連日報道されています。それらのニュースを読んでいますと行政の判断ミスが目立ってなりません。特に千葉県野田市の小学校4年生の女の子の事件には考えられないことを市の教育委員会がしていたようです。学校がとったアンケートに亡くなった女の子が「お父さんにいじめられています。」といったSOSの訴えを、父親に伝えたり、その写しを渡していたとのこと。その記事を読んで、なんとあほばかりいる教育委員会なんだとあきれるとともに、腹が立ちました。直接に手を下したのは父親ですが、その父親をそそのかしたのは教育委員会ではないかとさえ思います。もともと虐待で一度は引き離していた親子です。虐待がそう簡単に治まるとは思いません。子供の虐待は簡単にはやまないことを前提に行政は対応すべきです。虐待歴のある父親に「お父さんjいじめられています。」の子供の言葉を伝えたり、紙を渡したらどうなるか想像できない人間が教育委員会にいること自体がにおかしいです。教育の素人でもわかることです。委員会から注意したら効果があるとさえ思っているのでしょうか。お上意識なんでしょうね。子供の気持ちに寄り添えない教育委員会なんかつぶしてしまえとすら思ます。大体が、この問題を軽く見ていたのでしょう。教育委員会としてまたは課として対応したのではなく一人の担当者に任せていた感じです。苦しむ子供、教師、親に寄り添える教育委員会でなければならないと思うのです。この事件も児童相談所、、教育委員会がきちんと対応していたら女の子の命は救えたのではと思います。教育委員会経験者だから余計にそう思います。。
2019. 01. 19  
yjimage_201901191037308fb.jpg

 昨日東京都立高校の教師が生徒をに暴力をふるったとすべての局で放映していました。その画像を見ながら私だったらどうだったろうと考えてしまいました。各局の報道の姿勢はその教師がすべて悪いという観点でのものでした。教師に罵声を浴びせ、挑戦的な態度の生徒を見ていますと最低「誰に向かって言うてるんや」とは言いたくなります。
  教育に暴力は確かに否定されることです。でもなぜそこまでに至ったかの究明は必要です。昨今、教師の位置づけはとても低くなってきているように思います。今回の問題を見ていますと教師の暴力だけでなく家庭の子育てに問題はないのかとも考えてしまいます。あれだけ教師をののしる子供がどうして育ったのか考えてしまいます。教師の子供に対する寄り添いや指導が深まらなかったという結果ではあると思いますが、その背後に教師を「せんせい」と見ない親の存在を感じます。目上の人に対する物言いなど子育ての中で必要なことが昨今は無視されているように思います。また、「ほめて育てる。」ことは大事ですが、ダメなものはだめと叱ることも必要です。本気で叱ることのできない親が増えているようにも感じます。しかし、その際、改めて言いますが子育てに、教育に暴力はだめです。
 我が家では、子供の小さい時から親にお茶を入れてもらうときでも「お茶!」といって要求してきたときには「お茶どうするの?」と返し「お茶下さい。」と言い直させていました。
  最近はSNSでなんでも投稿されあっという間に拡散する時代です。映像だけで判断することの危うさをとても感じる昨今です。
2019. 01. 09  
yjimage_20190109094527501.jpg

 昨年の暮れの緊急入院、手術のことは先日書いた通りです。 1月6日は、昨年夏ぐらいから楽しみにしていた、同窓会でした。
外出許可をもらい参加できました。
 私が教師になった年に担任したクラスの同窓会です。当時は2学年持ち上がりが当たり前の時代でしたので3年生、4年生と2年間担任したクラスです。もう45年前になります。このクラスは私が教師をやった19年間の中で最も優れたクラスだったように思います。その後の教師としての基礎を築いてくれたクラスだったように思います。私の自分史「出会い」にも書いていますが最初の日曜参観日に遅刻して教頭先生に一時間授業をしてもらったクラスです。最初の躓きを取り戻すために毎日3時間ぐらいの睡眠時間で授業の準備や研究を必死でやり、学校では子供たちとよく遊びました。普通は6年生を担任するとその同窓会はありますが3年生担任の同窓会は聞きません。それだけに本当にうれしくてたまりませんでした。
 会は幹事の工夫満載の会でとても楽しく過ごしました。みんなもう53,4歳になり孫もいる年齢でしたが担任したころの9歳の顔が目に浮かびました。また、今北京に単身赴任している教え子ともテレビ電話で話すこともできとっても感動した会でした。何人かの思い出話に「引っ込み思案の私を先生は、何かとほめてくれたことが思い出されます。」という言葉を聞いたとき教師の勲章をもらった気がしました。
この会を企画立案実行してくれた世話人に感謝してもしきれないぐらいです。同窓会に集まってくれたみんなからまた元気をもらい寿命が5年は伸びた感じです。
 翌日7日に無事退院しました。まだ油断はできませんが再発がないように気を付けていこうと思っています。2019年のスタートは忘れられない年の初めになりました。
2018. 12. 03  
  yjimage_20181203111418840.jpg

  先週の土曜日は、先生の勉強会に行ってきました。この会は私が指導主事の時に立ち上げた勉強会の現代版というような会です。以前の会の発起人の先生が新たな視点で現代的な会を発足されたものです。特に社会科に絞って地域教材の開発やその進め方について研究する会です。このところ、学校現場は何かと仕事が増え研究どころではない状況がありますが、教師は研究なしではやっていけないことを感じる先生が多忙の中、月1回集い、実践を通して学びあうものです。このような自発的な研究会が最近は本当になくなってしまいました。
 大阪市では、学力テストの状況で教師の資質をはかり給料に反映させるなんてあほな市長の意見が実施されるようです。大阪の子供の学力テストの成績が上がらないから教師の尻をひっぱたき、ニンジンをぶら下げれば教師の意欲も上がって子供の学力も上がるとでも思っているのでしょう。はっきり言って、こんなことをしても学力テストの成績は100%上がりません。教師の力量をいかに高めるかの施策や配慮なくして子供の学力は上がりませんし、そもそも教育は学力テストだけではないということを忘れているのではと思います。
 私が若い頃はたくさんの官制でない研究会が山ほどあり、教師は自分の力量を高めるためこぞって参加し喧々諤々の議論をしたものでした。今、教師は朝早くから夜遅くまで学校にいて私から言わせれば雑用に追いまくられているようです。
 前述の勉強会のようなものがどんどん発展してこそ子供の学力は上がっていくものと確信しております。今は、私自身は何の力にもなれませんが、若い先生方がたくさん集い自らの意思で自分の力量を高めてほしいと思いますし、この会の発展を祈らずにはおられませんでした。。久しぶりに勉強会に行って、教育のことを考え脳が活性化したように感じました。
2018. 11. 21  
yjimage_201811211040573b6.jpg

  本を出版して、教え子がそれを見て急に懐かしくなって同窓会を開いてくれることになりました。このことは以前にも書きましたが、今日正式な案内が来ました。来年の1月6日になりました。私が教師になって初めて担任した子供たちです。もう50過ぎのおじさん、おばさんになっていますが私の頭の中では4年生のままです。新任で担任した3年生で当時は持ち上がりが普通でしたので4年生と2年間担任しました。ようやく天職に巡り合えた気がしてがむしゃらに取り組んだことが昨日のことのように思い出されます。この学年の子供たちはとっても優れていて私の教職人生の中でも最もよかった2年間だったように思います。この時の子供たちとの出会いが私のその後の私の教職生活を支えてくれたような気がしています。普通同窓会といえば6年生担任の場合が多いのですが、3,4年生担任の同窓会はあまりないと思います。もう45年以上も前のことですからそれぞれの住所も変わったり姓も変わったりで大変だろうなと推測します。世話役をやってくれている人たちに心から感謝しています。とにかく1月6日に元気に参加できるように今から体調管理をしていこうと思っています。
コメントは拍手欄から お願いいたします
プロフィール

よたろう

Author:よたろう
経歴:
元自動車セールスマン、
元 教師、
元 教育委員会指導主事、
元 校長、
現在:フリーター
子 2人 ,2人とも結婚  
孫 4人
 経歴だけ見たら、すごく真面目で、堅物のようですが、いたって普通のジジです。ボケ防止のためにもブログを開設しました。多くの方々と交流できたらと思っています。
子育て、教育、政治、よもやま話しませんか。

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -