FC2ブログ
2019. 01. 17  
yjimage_201901171544112b4.jpg

  稀勢の里が引退しました。今羽余波何とか持ちこたえてくれたらと初日から、かみさんとテレビを見ながら「稀勢の里がんばれ!」と叫んでいました。3日目に負けた時、負け残りで土俵下にいるときの顔を見て、これは引退するなと感じました。なんとなく悟ったような穏やかな顔に感じたものでした。大相撲を見る楽しみの一つがまた減ってしまいました。けがをして以来出てくるたびに胸がドキドキして見ていました。けがをするまでは一度も休まなかったけがに強い力士だと思っていましたが、横綱のなったとたんけがをするなんてついていないなあと思いました。「努力して天才に勝つ」と文集に書かれてあるのが紹介されていましたが、人間としても素晴らしい横綱だったんだなあと思いました。引退会見を見ているとこの2年間の苦しみはいかほどだったんだろうとつい涙しました。横綱としてのワースト記録ばかりが言われましたが、言われているように記録よりも記憶に残る横綱だったとしみじみ思いました。
私も、あちこちがガタが来ていますが、稀勢の里のように頑張らなければと感じました。稀勢の里本当にお疲れさまでした。
2019. 01. 16  
yjimage_201901162032030a3.jpg

 昨日は、朝から胃痛がしていましたので、当日胃カメラ可能の病院に行きました。予約したにもかかわらず結局最後になり3時間仕事になりました。みぞおちの痛みがあると胃の病気とともに以前体験した心筋梗塞を思い出し、不安になります。医師にそのことを告げると先心電図を撮ってからその状況で胃カメラをやるかどうか決めますということで心電図を先に撮ってもらいました。結果は特に異常なしということで胃カメラをしました。最近は麻酔をしてやりますので全く苦痛がありません。40分ぐらい休憩してカメラの写真を見ながら説明してもらいました。大きな異常はなかったようでしたがなぜか生研ということで細胞を少し取られました。今まで何度も胃カメラはやっていますので生研になったことはないのでちょっと不安になりました。結果は29日に分かるそうです。なぜ生研をするのかその時に医師に聞き逃したため、アスクドクターというサイトで不安を訴えますとすぐに11人の医師から返答があり、多分念のためだから心配しすぎないようにとのことでした。ちょっと安心しています。
 今日は胃の痛みも収まり食欲も出てきました。頭痛もあまりなく胃痛もなかったので久しぶりに料理しようという気になりました。以前も作ったヨーグルトでアジのエスカベッシュ(南蛮漬け)を作りました。久しぶりの料理でかみさんもおいしいと喜んでくれました。
2019. 01. 14  
yjimage_201901141015308a7.jpg

 かみさんの体調もようやく戻ってきてやれやれです。4日間とても心配で、いろいろ心配した結果、今度は私の持病胃痛が起こり食欲が減ってしまいました。今日は少しマシになって食べられるようになりました。またそろそろ「胃カメラ」の時期かなと思っています。とにかくちょっとしたストレスや気候の変化にすぐ反応してしまう自分の体が情けないです。もっと、大らかにといつも思うのですがもって生まれた性分はなかなか変わりません。ほぼ毎日東京の一歳7か月の孫の笑顔の動画が薬になっています。
2019. 01. 10  
yjimage_20190110102353aab.jpg

 7日に無事退院してやれやれと思っていましたら、8日の夕飯時にかみさんが「胃が気持ち悪いので胃薬を」珍しく胃痛を訴えてきました。夕食もほとんど食べず、娘からかかってきた電話で話している最中に突然ゲホと嘔吐し、慌てて流しに行って大量の嘔吐をしました。そのあと下痢もしたようで、ちょうどノロウイルスが流行っているとの情報がありましたので不安になり、すぐに病院に電話していきました。7時半までは通常の診察でしたのですぐに症状を伝え内科の先生に診てもらいました。血液検査とレントゲンをすぐにとってくれ診断してくれました。結果はノロウイルスではないということでホッとしました。私も退院してきたところですので感染症は怖かったので本当によかったと思いました。点滴をしてもらい薬をもらって帰りました。昨年の暮れから一人で迎春の準備や片付けなどで疲れがたまっていたのでしょう。加えて私の病気がかみさんの疲れを増幅させたのではと思います。
 しんどいといってじっとしているわけもいかず、かみさんが倒れたら自分がしっかりしなければという気が沸いて少しあった頭痛も収まり家事をする気力が出てきました。かみさんにおかゆや消化のいいものを作って食べさせて2日間寝てもらいました。今日は気分もよくなってきたとのことで少し安心しました。病気とは縁遠いかみさんですがやはり加齢とともに弱ってきているのかなと思います。出来るだけ面倒かけないように元気に過ごせるよう頑張らなければと改めて思いました。
2019. 01. 09  
yjimage_20190109094527501.jpg

 昨年の暮れの緊急入院、手術のことは先日書いた通りです。 1月6日は、昨年夏ぐらいから楽しみにしていた、同窓会でした。
外出許可をもらい参加できました。
 私が教師になった年に担任したクラスの同窓会です。当時は2学年持ち上がりが当たり前の時代でしたので3年生、4年生と2年間担任したクラスです。もう45年前になります。このクラスは私が教師をやった19年間の中で最も優れたクラスだったように思います。その後の教師としての基礎を築いてくれたクラスだったように思います。私の自分史「出会い」にも書いていますが最初の日曜参観日に遅刻して教頭先生に一時間授業をしてもらったクラスです。最初の躓きを取り戻すために毎日3時間ぐらいの睡眠時間で授業の準備や研究を必死でやり、学校では子供たちとよく遊びました。普通は6年生を担任するとその同窓会はありますが3年生担任の同窓会は聞きません。それだけに本当にうれしくてたまりませんでした。
 会は幹事の工夫満載の会でとても楽しく過ごしました。みんなもう53,4歳になり孫もいる年齢でしたが担任したころの9歳の顔が目に浮かびました。また、今北京に単身赴任している教え子ともテレビ電話で話すこともできとっても感動した会でした。何人かの思い出話に「引っ込み思案の私を先生は、何かとほめてくれたことが思い出されます。」という言葉を聞いたとき教師の勲章をもらった気がしました。
この会を企画立案実行してくれた世話人に感謝してもしきれないぐらいです。同窓会に集まってくれたみんなからまた元気をもらい寿命が5年は伸びた感じです。
 翌日7日に無事退院しました。まだ油断はできませんが再発がないように気を付けていこうと思っています。2019年のスタートは忘れられない年の初めになりました。
2019. 01. 03  
yjimage_201901032149389f2.jpg

今年は新年を病院のベットで迎えました。昨年の暮れ、15日に、頭が割れそうな痛みと寒気でタクシーもつかまらずやむなく救急車で病院に運んでもらいました。救急隊員の方の予測では蓄膿症の痛みではと考えられいくつかの病院に電話してくれたようですが受け入れ先がないのでいつも通っている病院にとりあえず運んでもらいました。そこで痛み止めの点滴を打ってもらい少し収まりましたがあいにくと土曜日、日曜日でしたので泉温委のいる日赤病院には行けず、2日間心臓などでお世話になっている病院で痛み止めで何とか持たせ月曜日に紹介状を書いてもらってすぐに日赤病院に行きました。日赤病院では救急病室にすぐに入れ、その後CT,MRI、血液検査、髄膜炎の検査とやってもらい結果を待っていました。以前から蓄膿症でお世話になっている女医先生が素早く手配をしてくれました。検査結果、鼻の骨のところの菌がついて、骨髄炎になっているようなので即手術となりました。手術はそんなに時間はかからなかったと思います。それまでの痛みが嘘のように取れまさに地獄で仏、大門未知子といった感じでした。その後の検査で緑膿菌も検出され1日3回の抗生物質の点滴が続いています。この菌は厄介なもので結構長く抗生物質で叩いています。
3日には外泊許可が出て今パソコンを打っています。孫たちの顔を見て少し元気になりました。6日には45年ぶりのクラス会にも出ていいということでやれやれです。もう少しで退院できるのではと思っています。ブログ更新がなくご心配かけました。またしばらく更新できません。
2018. 12. 14  
  yjimage_201812141921059f5.jpg

  あまりの痛さに今日は病院に行きました。CTを取ってファイバースコープで鼻や耳を撮ってもらいました。診断はまた蓄膿症が出てきているとのこと。7年前に手術した日赤病院に紹介されました。痛み止めの薬をもらって、病院の食堂でランチを食べて帰りました。帰ってから痛み止めの薬を飲んでも痛みが治まらず、「アスクドクター」に質問しましたらみなさん、痛み止めの量を増やしても構わないとの返事でしたので1錠のところ2錠飲みました。今はパソコンが打てます。でも明日、明後日と痛みが治まるかどうかわかりません。とにかく月曜日には日赤病院に行こうと思っています。私の蓄膿症は「好酸球性蓄膿症」で再発しやすいものです。以前は手術1年目で再発。今回は7年目で再発です。また手術になるかどうかわかりません。本当に嫌になるぐらいの病気持ちです。
2018. 12. 13  

  頭が割れそうに痛いです。一時止まっていた玄関前のタバコのポイ捨てがまた始まりました。多分止めた新聞の配達員が嫌がらせにやってきているのだと思います。おかれるのは夜中3時半から5時までです。夜中に起きて見張るのも体力もありませんし、どうしたものかと頭が痛いです。かみさんはほっとくといっていますが、たばこを片付けるのは、いいのですが意図的に置く人間がどんな奴か知りたいです。新聞をやめた腹いせのつもりでしょう。なんでも気にする性質ですので、解決しないとものすごいストレスを感じてしまいます。昨今、東名のあおり運転の犯人のようにすぐ切れるやつがいるから怖いです。
安い電池式の防犯ビデオを買って設置しましたが、ビデオは赤外線カメラですので捨てるところが早いと映りません。怪しいバイクが行き当たりのところでUターンして我が家の前を通り過ぎるのしか映っていません。止めた新聞は私の通りではだれも取っていません。わざわざ来て嫌がらせをしているとしか考えられません。見つけてもうかつに注意できない犯人だと思います。一日1本毎日拾って、犯人の気が済むまで付き合うのが最善かもしれません。嫌な世の中になったなあと思います。とにかく今日は今まで味わったことのない頭痛がひどいです。明日も収まらなかったら病院に行ってみます。あほな犯人に殺されないようにしたいと思います。
2018. 12. 10  
yjimage_201812101922095f2.jpg るみなりえ1yjimage2
(安物のデジカメでは撮れませんのでお借りしました)

 日曜日に神戸の「神戸ルミナリエ2018」を観に行きました。行く前に知人からもらったピアノコンサートのチケットがありましたので前半だけ聞いて、神戸に向かいました。今は神戸も近鉄線一本で行けるのでとても近くなりました。5時前に着いたので、大丸の食堂街でいつも行くうどん屋さんで夕食を取りました。5時半ぐらいに会場へ向かう列に並びました。混乱を避けるための大きく迂回するようにコースが設定されています。ルミナりエのある通りまで50分ぐらいぞろぞろと歩かされます。日曜日でしたので大変な混みようでした。人混みで寒く無かったです。会場のある通りに来ますと立ち止まって撮影しないように警察の方が注意していました。後ろからせかされるように歩くと開く10分ぐらいで光のトンネルは通過してしまいます。公園に着くとまたすし詰め状態でした。まあ見るのは上の報でしたので全く寒さを感じませんでした。
 今回の宿は、ベイシェラトンです。ビジネスホテル並みの一番安い日にちを選択したのです。このホテルは海外旅行の時もどこかで泊まったと記憶しています。とても立派で部屋も広かったです。ところが、いつもの胃痛が発生して部屋に着くなり横になりました。ガイドブックにはとても素敵な温泉があるのが紹介されていて、とても楽しみにしていましたが、持ってきたすべての薬を飲んでも収まらず、お風呂をあきらめました。かみさんだけが行ってすごくきれいな風呂で感激したといっていました。かみさんは必ず朝風呂にも行きます。今までの風呂の中でも一番ぐらいにいいお風呂だったといっていました。
 朝食バイキングも種類が多く、デザートや飲み物も充実していました。消化のよさそうな物だけを選んで食べました。かみさんはえーっと驚くぐらいたくさん食べコーヒーも飲んで満足顔でした。胃腸の強い人がとてもうらやましく思えました。また今度神戸に来るときはこのホテルにするぞと思いました。
2018. 12. 03  
  yjimage_20181203111418840.jpg

  先週の土曜日は、先生の勉強会に行ってきました。この会は私が指導主事の時に立ち上げた勉強会の現代版というような会です。以前の会の発起人の先生が新たな視点で現代的な会を発足されたものです。特に社会科に絞って地域教材の開発やその進め方について研究する会です。このところ、学校現場は何かと仕事が増え研究どころではない状況がありますが、教師は研究なしではやっていけないことを感じる先生が多忙の中、月1回集い、実践を通して学びあうものです。このような自発的な研究会が最近は本当になくなってしまいました。
 大阪市では、学力テストの状況で教師の資質をはかり給料に反映させるなんてあほな市長の意見が実施されるようです。大阪の子供の学力テストの成績が上がらないから教師の尻をひっぱたき、ニンジンをぶら下げれば教師の意欲も上がって子供の学力も上がるとでも思っているのでしょう。はっきり言って、こんなことをしても学力テストの成績は100%上がりません。教師の力量をいかに高めるかの施策や配慮なくして子供の学力は上がりませんし、そもそも教育は学力テストだけではないということを忘れているのではと思います。
 私が若い頃はたくさんの官制でない研究会が山ほどあり、教師は自分の力量を高めるためこぞって参加し喧々諤々の議論をしたものでした。今、教師は朝早くから夜遅くまで学校にいて私から言わせれば雑用に追いまくられているようです。
 前述の勉強会のようなものがどんどん発展してこそ子供の学力は上がっていくものと確信しております。今は、私自身は何の力にもなれませんが、若い先生方がたくさん集い自らの意思で自分の力量を高めてほしいと思いますし、この会の発展を祈らずにはおられませんでした。。久しぶりに勉強会に行って、教育のことを考え脳が活性化したように感じました。
コメントは拍手欄から お願いいたします
プロフィール

よたろう

Author:よたろう
経歴:
元自動車セールスマン、
元 教師、
元 教育委員会指導主事、
元 校長、
現在:フリーター
子 2人 ,2人とも結婚  
孫 4人
 経歴だけ見たら、すごく真面目で、堅物のようですが、いたって普通のジジです。ボケ防止のためにもブログを開設しました。多くの方々と交流できたらと思っています。
子育て、教育、政治、よもやま話しませんか。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -