2018. 01. 18  
yjimage_20180118131010f84.jpg

17日は、阪神・淡路大震災から23年になります。23年前には、私は入院してベットの中でした。4階の部屋でしたので結構揺れを感じ、24時間大静脈点滴をしていましたので点滴の棒が倒れないようにするのと同時に枕もとのテレビが落ちないように抑えていました。何分かわかりませんが大きく揺れた後治まってきました。すぐに看護婦さんが飛んできて「大丈夫?」と声をかけてくれました。テレビをつけると神戸の方で大きな地震が起きたとだけ伝えていました。テレビをつけっぱなしにして、すぐに自宅にいるかみさんと次女に電話しました。「大丈夫。」とのことでほっとして、次に新大阪の近くに住んでいました長女のところに電話しました。「水屋が倒れたりで、部屋中がお茶碗などの破片でいっぱいや。でもわたしは大丈夫」との返事でやれやれと思ったことを思い出します。次に甲子園に住んでいた友人に電話しましたがもうその時はつながりませんでした。のちに、ほかの支店の人につながり無事だとの知らせでほっとしました。その日は地震直後からテレビにくぎ付けになりました。初めの報道と違って夜が明けてくるとその被害の甚大さが次々と画面に出てきて体調を崩す感じでした。
 私が十二指腸潰瘍になったのと震災が一緒だったので病気になった時がとても覚えやすいです。それ以来胃薬は欠かせません。2年後の神戸を訪ねてみました。その復興の速さに驚いたものでした。条件が違うとはいえ東北の震災の復興の遅さに苛立ちさえ覚えます。
NEXT Entry
ロケット豚とへなちょこ大統領たち
NEW Topics
緑のカーテン
男やもめ
あじさい寺と地震
「万引き家族」
半日人間ドック
コメントは拍手欄から お願いいたします
プロフィール

よたろう

Author:よたろう
経歴:
元自動車セールスマン、
元 教師、
元 教育委員会指導主事、
元 校長、
現在:フリーター
子 2人 ,2人とも結婚  
孫 4人
 経歴だけ見たら、すごく真面目で、堅物のようですが、いたって普通のジジです。ボケ防止のためにもブログを開設しました。多くの方々と交流できたらと思っています。
子育て、教育、政治、よもやま話しませんか。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30