FC2ブログ
2017. 10. 20  
yjimage_20171020084541fb0.jpg

 福井県で教師の執拗な叱責で一人の若い命が失われました。このニュースを聞いたとき、ふと我が孫娘の中学校時代を思い出しました。担任ではなかったのですがクラブ活動の指導を担当していた外部講師、担当教師から毎日のように罵声を浴びせられ、一つ下の生徒を使って嫌がらせをさせたりと今から考えればよく孫娘が耐えていたなと思います。時につらいときにふと母親に「私でなかったら、とっくに自殺してるわ。」とこぼしたことがあったそうです。娘は学校に話しに行っても適当にあしらわれ校長も対応してはくれなかったようです。今回、校長の責任を指摘していますが、教員のしていることが把握できない校長は即辞めるべきだと思います。自殺した子と、孫娘の違いは担任は味方であったこと、男の子の幼なじみがたくさんいていつもかばってくれていたことではないかと思います。彼らの支えがなかったら孫娘は、本当に自殺していたかもしれないぐらい追いつめられていたように思います。中学3年生になって、成績もあっという間に下がり希望校を代えざるを得なくなったのです。
 この頃のことを思い出すと今でも当事者達にむかつきます。当時孫娘に何かあったら奴らを絶対に許さないという気が強くありました。
 教師のいじめなんて信じられない事象です。そんな教師がのうのうと勤められる学校にも問題があります。そんなことが許される土壌があり、教師間に自浄能力がないのも問題です。そんな事象が見受けられたとき教師をきちんと指導できない管理職は即刻辞めるべきだと強く思います。又そんな事象を行った教師も即刻首にすべきだと思います。
 教師としての力量のないものほど子どもをないがしろにします。今の学校が以前と比べて管理的になり教師の良さを生かす場が少なく、管理職にへつらうものが優遇される社会になってきているような気がします。上意下達のシステムが構築されてきている今の教育制度が子どもの命を奪ったような気がします。「しっぽを振る犬をかわいがり、ほえる犬を遠ざける」管理職はいりません。
子どもを育て、守る校長、教師が増えることを願うばかりです。
NEXT Entry
同窓会
NEW Topics
ルーブル美術館展とリーガロイヤル
障子の張替え
寿司ランチ&映画&美術展
帯状疱疹予防
孫も、台風も去っていきました。
コメントは拍手欄から お願いいたします
プロフィール

よたろう

Author:よたろう
経歴:
元自動車セールスマン、
元 教師、
元 教育委員会指導主事、
元 校長、
現在:フリーター
子 2人 ,2人とも結婚  
孫 4人
 経歴だけ見たら、すごく真面目で、堅物のようですが、いたって普通のジジです。ボケ防止のためにもブログを開設しました。多くの方々と交流できたらと思っています。
子育て、教育、政治、よもやま話しませんか。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -