タイトル画像

異常なし

2017.03.27(18:51) 1185

今日胃カメラを飲みました。今までの胃カメラはを飲むときは胃の症状だけでしたので何の心配もしていませんでした。でもこの頃は心臓の関係で不整脈の心配やら血液さらさらの薬を飲んでいますので検査中はずみで出血しないかと実施まではとても不安でした。モニターに自分の食道、胃、十二指腸の画像が写っているのを見ながら医師のつぶやきを看護師さんが大きい声で伝えてくれました。それぞれの部分で「いいいね」と言われてとても心が落ち着きました。
10分~15分くらい胃の角度を変えてみたりしてみてくれました。カメラを抜いて、「癌の兆候も、潰瘍もなかったよ。胃が痛かったのは一種のストレスから来るものだったんだろうと思う。病気を気にしすぎてストレスが痛みを引き起こしたのでは」との話でした。
診察室に戻って、体重減少の話をすると食生活の話になり、極端に油ものや動物性タンパクを減らすとかえって体に悪いし摂りすぎないように気をつけながら「~断ち」みたいなことはやらない方がいいのじゃないかな」と助言されました。あまりストイックにならず普通にしていこうかなと思いました。
  昨日まであんなにお腹が張り痛みを覚えていましたのに胃カメラ以降は張りも痛みもなくなりました夕食はひさしぶりに私が作ってお粥でない普通のご飯を食べました。人間の体って心の動きにとても左右されるんだなあと感じました。
スポンサーサイト


老年フリーターのつぶやき


トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]