FC2ブログ
2017. 12. 31  
今日は大晦日。今年は、体調が悪い時もありましたが、入院もなく何とか乗り切れました。再狭窄後のステントも無事に狭窄もなく順調に血が流れています。昨年は再狭窄で絶望的な年でしたが今年は幾分気が楽に過ごせました。
 今年の一番の喜びは、次女の出産です。私にとっては4人目の孫です。生まれて以来毎日ラインで写真や動画を送ってくれとても元気づけられました。正月に来るのがとても楽しみです。
 今年はもう一つ嬉しいことがありました。自分史「出会い~だめセールスマンから校長になりまして」を出版することができたことです。この出版のおかげでまたつながりができたように思います。思いがけない出版記念会を開いてもらい、とても幸せな年末でした。
来年も入院なく、健康な一年でありたいと願っています。今年もコメントいただいた皆様、来年もよろしくお願いいたします。
2017. 12. 27  
yjimage_201712271112574b1.jpg
 
かかりつけの耳鼻科の先生の診断で、「大きい病院でもう少し調べてもらってください」といわれ市立病院に行ってきました。声がよく枯れるのでちょっとやばいかなと思い、診察を受けるまでもちょっと不安でした。診察室に入ると、とても親切なお医者さんで、自己紹介をしてくれて「よろしくお願いします」といってくれたのにはびっくりしました。
 鼻にファイバースコープを入れてのどの声帯のところの写真を何枚か取り耳の奥の写真も撮りました。そのあとその写真を見ながら説明してくれました。かかりつけ医の指摘したところも大したことなくガンの心配はないとのことでほっとしました。一回の検査で断定するのでなく「もう一度見させてください」ということで来年の1月31日にもう一度診てくれることになりました。心臓の冠動脈の再狭窄の時ひどい扱いを受けた病院でしたが、診療科が違うとこんなにも患者に対する接し方が違うのかと感じました。
 ホッとしてお昼はかみさんとランチの安いお寿司屋さんで食事をして、正月に来る6か月の孫のお茶碗とスプーン、そして動くワンちゃんのおもちゃなどを買って帰りました。やれやれよかったと思っていますとお昼過ぎからお腹が痛くて下痢や吐き気もないものでどうしてだろうと思いました。横になって痛みが治まるのを待ちましたがなんだかどんどん痛くなるように感じ、タクシーを呼んでいつもの心臓の先生の診察日でしたので、診てもらうべく病院に行きました。
 すぐにお腹のレントゲンを撮り、結果はガスがたまっているとの診断でした。この先生の顔を見るだけで病気が治ってしまうような気がしますが今回もきちんと説明してくれ痛みが治まりました。帰りはタクシーが拾えず30分歩いて帰りました。
 本当に気持ちで病気になる自分がいつも嫌になります。その度に付き合ってくれるかみさんに申し訳ないのと感謝の気持ちでいっぱいの一日でした。
2017. 12. 25  
yjimage_201712251229068c9.jpg

  24日のクリスマスイブの日、元同僚の先生が「出会い」の本の出版を祝う会を開いてくれました。喫茶店を借り切り22人が集まってくれました。元教師と歌声やハーモニカなどのサークルの方々が集まってくれました。世話役の方は私が初めて転勤した学校で同じ学年を担当しそれ以来何かと親しくしている方です。その方も肺がんを二度も手術されておられるのですがとっても元気で退職してからもいくつかのサークルを立ち上げ毎日出かけられています。そのパワーに感心しています。そして人の気持ちを鼓舞したり、やさしくしてくれる方です。
 会は歌や演奏を聴きながら食事やデザートを食べ、間に私の元同僚の先生たちからの言葉をいただき2時間ばかりとっても楽しい時間を過ごすことができました。いろんな人と交わることは本当に気持ちが前向きになります。
 明日はのどの異常を精密検査するかどうかかかりつけの耳鼻科の先生の紹介で市立病院に行きます。素敵なクリスマスプレゼントで、恐怖心は薄れています。悪い結果でもなんとかなるさといった気持になっています。
2017. 12. 16  
ハーモニカ

  昨日は、いつも元気をもらっている友人に誘われて夫婦でハーモニカを教えてもらいに行きました。ハーモニカだけでなく皆さん60過ぎてから何らかの楽器をはじめられたグループです。友人も肺がんを経験しており、肺活量のリハビリのためにハーモニカを始めたとのことでした。ハーモニカの先生に紹介してもらいいろいろ曲を聞かせてもらい私がふけるものを少しだけ吹いてみました。アコーディオンをやる人、歌やピアノをやる人、しの笛をやる人といろいろな方が三々五々に集まって来られます。80才の方もおられ私の73才はまだ若いと励まされました。2時間ばかりおしゃべりしたり、演奏を聞かせてもらったりとストレスの解消にはなったかなと思います。今後、かみさんとハーモニカを練習することにしました。また、その中にコーラスをやっておられる方からの誘いで来週そのグループにも顔を出してみようと思います。家の中にじっと閉じこもりがちの最近の私ですのでもうちょっと外に出ていろいろな方とのコミュニケーションを図ってみようと思っています。友人の口癖は、残り少ない人生。好きなように生きなければ損だということです。事実その友人の毎日はすべてスケジュールがいっぱいです。彼女の行動力には敬服します。
2017. 12. 13  
 昨日で孫の公募推薦が終わりました。結果は3校とも不合格でした。どの学校もほんの数点で落ちたようです。また併願の学科の選択を間違い、うまく選択していれば合格だったようです。そばにいれば助言もできたのにととても悔しいです。学校や塾の進路指導の弱さも感じました。来年の一般入試になりますが、ランク落として受けたらと思いましたが孫娘はそれは嫌なようでそこまでして大学には行きたくないとのことで、今のレベルの大学を受けるようです。もしそれで落ちたら大学に縁がないものとして別の道を捜すといっているようです。浪人はしないことになっています。3度の不合格が孫娘の心になにかの変化を待たらしたように思います。本人がそういうのならそのようにすればいいと思っています。胃が痛むこの一月でしたが、孫娘の思いを知り自分が納得してくれたらいいと思うようになりました。とはいえ返す返すも悔しいのは併願学科の選択間違いです。そのことが後の祭りとはいえ胸をかきむしられる思いです。私より母親や孫娘はもっと感じるものがあると思います。レベルは下げず挑戦する気持ちはいいですが、大学入試にすべて失敗してもそのほかの道を捜すと決意している孫娘の思いになんとなく切なさを感じています。まだすべてが終わったわけではないですが、あまり期待せず、遠くから見守っていければいいと思うようにします。人生、大学がすべてではないとは思いますが・・・・。かみさんがこのことで私が体調を崩すことを一番の恐れています。これからはあまり気にせず自分大事に考えていこうと思います。なんだか文章がおかしいですがそれが今の私の心境の表れなんでしょう。
2017. 12. 08  
初孫の大学入試が始まりました。公募推薦入試の結果が出てきていますがいずれもあと数点の不足で不合格です。大学入試は一点勝負の厳しさを味合わせてくれています。いよいよ来年の一般入試に向かいそうです。来年の3月まで孫娘の挑戦は続きそうです。一日も早くどこかの大学に合格してほしいです。そんなに難関大学じゃなくてもいいです。どんな大学に行こうとそこでどう頑張るかで将来は見えてくると思っています。孫の笑顔が早く見られたらそれでいいです。
2017. 12. 01  
deai.jpg

 先日、市の図書館に我が家の本箱を整理して寄贈できそうな本を寄贈しました。その中に私の自費出版本「出会い~ だめセールスマンから校長になりまして」も入れておきました。今日図書館の蔵書検索をしますと書架に並べられていることがわかりました。目次もすべて掲載してありとても丁寧だなあと思うと同時にとっても嬉しく思いました。貸し出しの書架に並んでいるようです。一人でも多く手にしてくれたらいいなあと思っています。このところ体調も今一つでしたが、うれしいことがあるとすぐに治ってしまいます。もし、ブロ友さんで読んでみたいという方はアマゾンでもまだ販売していますので買ってください。
コメントは拍手欄から お願いいたします
プロフィール

よたろう

Author:よたろう
経歴:
元自動車セールスマン、
元 教師、
元 教育委員会指導主事、
元 校長、
現在:フリーター
子 2人 ,2人とも結婚  
孫 4人
 経歴だけ見たら、すごく真面目で、堅物のようですが、いたって普通のジジです。ボケ防止のためにもブログを開設しました。多くの方々と交流できたらと思っています。
子育て、教育、政治、よもやま話しませんか。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -