2015. 04. 30  
dc043022_convert_20150430211351.jpg

 今日は朝から長谷寺の牡丹を観に行きました。花を見て心癒されますが、仏像を見ても心癒されるのは昔からで、お寺周りは大好きなのです。長谷寺は、何年か前にも行ったことがあります。教師をやっているときも、遠足で子ども達を連れて行ったこともあります。お寺のたたずまいが好きです。特に登廊がとても気に入っています。その脇にズーと上まで牡丹が咲いています。今の時期ですとツツジ、シャクナゲ、おおでまりなども咲いていて花の寺の名にふさわしい感じです。

 平日でしたのでシニア以外はいなくてゆっくりできました。かみさんが朝から弁当を作ってくれ私がリュックに入れて持って行きました。この寺で食事をするところは五重塔のところと決めています。小学生を連れてきたときには、今のように囲いもなく自由に塔の石段にもあがれて、目を離したとき、何人かの子が裏手に回って遊んでいて叱られたことを思い出します。引率責任者として厳しく指導された思い出があります。今にして思えば情けない教師だったなと思います。この時以来子どもを校外に引率するときは一時も気を緩めてはならないことを学んだことをここの五重塔を見る度に思い出します。

 久しぶりに、おにぎりが美味しく食べられました。その後御影堂で講話がされていましたので聞きに行きました。感じのいいお坊さんで話も分かりやすく「現実をありのままに受け入れていくこと」の必要性を説かれていました。
また、本堂のご本尊の足下だけが金箔がとれて黒くなっているわけは、そこを人々がなでて願い事をしているからだという話を聞き、私も仏様の足をさすりながら3つお願いしました。内容は内緒です。願い事をしながら、以前はそんなことしたこともないのにやはり歳をとってきたからかなと思いました。コールデンウィーク初日の万歩計は9793歩を示していました。結構疲れましたが元気になってきた証拠だと嬉しくも感じた1日でした。

 

dc043003_convert_20150430173025.jpg dc043003(修整1)_convert_20150430172749

dc043012_convert_20150430171043.jpg dc043005_convert_20150430170929.jpg                                          おおでまり

dc043025_convert_20150430171522.jpg dc043008_convert_20150430170628.jpg                     


dc043011_convert_20150430170826.jpg dc043010_convert_20150430170708.jpg
(黒の牡丹)                      (これ以上は開かない、緑の牡丹:
                              花をつけない年もあるそうです。
                                  ラッキー! )
2015. 04. 25  
yjimage_20150426091858fc8.jpg

  いよいよゴールデンウィークがやって来ます。26日の月曜日は、娘の義理の弟の結婚式のお祝い返しでカタログを貰い、その中から、ホテルの宿泊券を予約していました。退職以来、夏の孫との海水浴の時以外は、いつもビジネスホテルにしか泊まりませんので、久しぶりに贅沢をしようと露天ぶろつきの部屋を予約していました。
26日の前は9日に予約していましたが例のウイルス性胃腸炎でキャンセルし,今度こそと楽しみにしていましたが22日に、かみさんの妹から電話があり、お母さんの具合がとても悪くなり点滴もまともにできない状態だと言うことでした。胃ろうをしたようではなく、腕からの点滴は無理で、足からやっているようです。以前のように、妹の動きを目で追うこともなく、目の光も弱ってきているようだと知らされました。
 そんな状況で旅行もないだろうとまたもや、違約金とられる前ぎりぎりにキャンセルしました。ともかく、何時どうなってもおかしくない状況ですので、しばらくは家を離れられないなと思っています。ゴールデンウィークも近くを散策しようと思っています。
 5月には私の検査もありますし、その結果次第でまた状況も変わります。チケットの有効期限は7月22日ですのでそれまでにいけそうな日があったら前日予約でもいいと言うことなので、その時はその時になって考えようと思っています。
  この頃は家の電話や携帯が鳴るとドキッとします。それが宣伝の電話だったときの腹立たしさは言うに言われないものがあります。
2015. 04. 24  
dc042401_convert_20150424113033.jpg dc042402_convert_20150424113102.jpg
ゴーヤとカサブランカ                   緑のカーテン用ネット
dc042403_convert_20150424113132.jpg dc042408_convert_20150424113528.jpg
 キュウリ                  ミニトマト

 このところようやく暖かくなり、野菜の植え付け温度になってきました。今年も緑のカーテン用にゴーヤの株を3ッ植えました。うまく育ってくれたらいいなと思っています。ゴーヤは夫婦とも九州人なのでよく食べます。土は連作を嫌いますので毎年買っています。結構な値段にはなりますがしっかり実ってくれたら十分に元は取れます。緑のカーテン用に居間の南窓にネットを張りました。いよいよ夏が近くなってきたなと感じます。
 今年は、キュウリやトマトがとても高いので自分で苗を買って作ってみようと挑戦しています。どちらもかみさんが大好きな野菜です。高くてもかみさんは、自分の食べる分だけは毎日確保しています。できたらまず私が食べようと思っています。野菜や草花を育てるのはとてもドキドキして気持ちが生き生きしてきます。プランターでしか育てられませんが年寄りにはちょうどいい作業だなと自己満足(庭持ちでないひがみ?)しています。
2015. 04. 20  
yjimage_201504200943463d0.jpg
 
 愛川欽也さんが、肺ガンで亡くなりました。80才でした。以前は、肺ガンも、80という年齢も気になりませんでしたが、この頃は、自分もその疑いがあるということなのでちょっと気になります。5月12日に精密検査ですがなかなか時間が経たないような気分です。診察は5月21日です。なんと言われようとも覚悟はできてはいますが、実際に同じ病名で亡くなった方の記事を見ますとふと不安にもなるというのが本音です。年齢も、80才と聞いて以前は、お年寄りだなと思っていましたが、ふと自分の年齢を考えますとそれほど遠くない年齢なんだと気づき改めて己の歳を自覚します。
 キンキンの羨ましいところは、亡くなる一月まで仕事していたことです。闘病で本当に奥さんのうつみみどりさんの世話になったのは一月ぐらいのようで、ある意味ではかみさん孝行だったのかなと言うことです。
 以前、ぽっくりさんというのがよく言われましたが、いつまでも相方に世話をさせ苦労かけたくないのでぽっくり死にたいということです。
 介護法の改定などでだんだん公的な施設が減り、自宅介護をせよと、自宅介護に心配のない国会の偉いさんたちは言ってきています。「生きるも地獄、死ぬるも地獄。」の老後にならないために今できることをやっておこうと思う昨今です。

 
2015. 04. 16  
yjimage_20150416124750738.jpg

  今日は、朝から久しぶりに太陽が居間に差し込んでいました。太陽の光を見ると気分もはれてきます。
入院やら体調不良やらで、孫娘の高校入学のこと書き忘れていました。私は入学式に行くことはできませんでしたが、かみさんは行きました。この頃の私学は施設がりっぱで校舎もホテルみたいだと、かみさんが言っていました。
孫娘は、入学の前の顔合わせの時、自己紹介をする時間があったようです。その時、冗談で超有名私立大学を目指しますと言ったそうです。中学校の時は、「無理、無理。」と突っ込みがあったのに、高校ではシーンとして冗談も通じないのかとがっくりしたそうです。ともかく、最初のころはノリが悪いといって不機嫌だった孫も少し慣れてきたのか機嫌よく通っているようです。早速男の子たちからも苗字ではなく名前の方でよばれているようで中学校時代と同じ感じで過ごせるようになっているようです。食堂はあるのですが、弁当がいいといって、毎日弁当持ちです。8時間授業の時もあるようで大変みたいですが、今のところ文句も言わず行っています。放課後は、自習室にも通っているようでいつまで続くかわかりませんがとにかく自分の納得いく高校生活を送ってほしいと思っています。
 私もちょっと気にしていたのですが、孫娘の前歯の歯列矯正をすることにしたようです。生まれたときから本当にお金のかかる子です。大したことはできませんが、気持ちだけでも応援してやろうと思っています。
 6年生になる男の子は「学校はどう?」と聞いても「普通」と答えていました。だんだん男の子はしゃべらなくなります。それも成長のあかしかとも思っています。2年生になった孫娘の方は、なんと毎日担任の先生が一言いいことを書いてくれているようです。転勤してきた先生のようで張りきっておられるように思いますが、毎日すべての子のいいことを一言でも書くということはとても大変なことです。私も1年生担任の時に保護者との交換ノートをやっていましたがものすごく大変だったことを思い出します。最後の方では保護者の方のほうから「月1でいいです。」といわれホッとしたことを思い出しました。保護者としてはとっても嬉しいことですが、先生の負担にならない程度でやってくれたらいいと思います。こんなことをやってくれる先生だからきっと一人一人をしっかり見つめ大事にしてくれる先生だと思います。よい担任になってよかったと思いました。
 子供や、孫の良いことが私の心や体を支えてくれているなあと思う昨今です。
2015. 04. 13  
yjimage_20150413082452400.jpg

  大阪の選挙結果が出ました。相変わらず「大阪維新の会」への幻想的期待感が高い。そもそも「大阪都構想」という名目がまやかしだと感じてなりません。大阪人は東京都に対する敵対心は歴史的に強いものがあります。その東京都のようなjレベルにするかのような名称にすぐに飛びついてしまう。その心理をうまく利用しているとも思えます。「大阪府」が「大阪都」となることは絶対にないのですが反東京心の強い大阪人には受けがよいのです。
 「大阪都構想」ではなく単なる「大阪市の分割構想」にすぎないことでもあると思います。大阪市を廃止し大阪府直轄にし、市独自でやっていたことを府でやろうとするだけのことであると思います。そのための予算は新たに何百億円もかかります。大阪都構想の「メリット」は得意げに語りますが「デメリット」は何も語りません。隣の市の東大阪市が昔は3市でしたが合併して大きな市になました。八尾市の倍以上の学校があります。どちらの市にも勤務した経験からして大きな行政組織ではサービスが薄いなと感じたものです。組織が大ききなればなるほど一番つらい立場の人々への目が行き届きにくくなるものです。人員の整理はできるかもしれませんが、サービスの低下は間違いなく起こると思っています。
 維新の会には文化、教育を重視する議員はあまりいないとも感じています。世界の文楽をつぶしにかかったり 、交響楽団をつぶしたり、学区制を廃止し、学力テストばかりを気にし、親友のパワハラ教育長は擁護するけど、1年や、2年で学力が急速に上がるとでも思っているのか、さほど効果がなかったと招聘した教育委員長を追い出したり、しっかりした調査もせず危険な建物に庁舎移転を言ってみたり、沖縄の問題になると突然に設備がない八尾飛行場にオスプレイを受けいれるなどと受けねらいみたいなこと言ったり、ひたすら公務員はサボリマンだと決めつけいかに公務員を締め付け、首を切ることに精力を使い不景気で公務員恨みを募らせている市民の心をくすぐり、法律家にもかかわらず法律違反の判決をすべてに出されている組合つぶしをやる男にどうしてこれほどまでの票が集まるのか不思議です。政治家らしい政治家がいない現状ですが、、もうそろそろ、何かをしてくれそうだといった幻想は捨てるべきだと思うのです。市長を辞めて「大阪都構想」を実績に国政に打って出るのは間違いありません。自分の意見に反対する者はすべて敵と位置づけつぶしにかかる独裁的思考の強い人物(政府にもいますが・・・)に国政は託せません。ともかく市議会、府議会共に絶対的過半数に達せなかったことは大阪府民の良識がまだあったと一安心したことでした。 
2015. 04. 09  

今、日本人で一番働いている方は、天皇、皇后両陛下ではないかと思います。お二方共に傘寿を超えられているのに世界中にお出かけになり、国内におられているときは風邪気味でも色々な場所にお顔を出されています。
 特にこの頃陛下のご様子を見ていますと、平和を強く望まれておられるように感じます。国内はもとより今回のように激戦地への異例のご訪問など、二度と起こしてはならない戦争への思いの強さを感じさせられます。それにしても80才を超えての強行軍に耐えられておられるお姿には本当に頭が下がります。
 他国の脅威を口実にひたすら過去への道に進んでいる、ぼんぼん総理に、陛下の爪の垢を煎じて飲ませたくなります。
2015. 04. 07  
yjimage_20150407100207395.jpg
  
 先月の27日夜8時、夕食後テレビを見ていましたら突然胸のむかつきと胃が痛みが襲ってきました。胃が痛むことは時折ありましたので、とにかく床につきました。夜中になっても収まらずとにかく夜が明けるまで我慢しようと思ってました。1時過ぎに激しく嘔吐してしんどさは頂点に達しましたが、夜中に先生を起こすのも悪いと思って、明け方まで我慢しました。夜が明けると同時に行きつけの病院に電話をし、当直の看護師さんに症状を伝えますと、すぐに先生に連絡してくれすぐに病院に行きました。
 即入院。個室は空いていましたが、気を遣ってくれたのか、安い二人部屋を空けてくれて、そこに半隔離されました。その後、よくももこれだけお腹入っていたなと思うぐらいの大量の嘔吐をし少し楽になりました。次に襲ってきたのは、猛烈な下痢です。水溶便が10時間ぐらい続き、お尻が痛くなりました。3日3晩、下痢嘔吐に苦しみましたが4日目ぐらいから収まりホッとしました。どこかの議員がウイルス性胃腸炎で小パブやら旅行をしたという記事がありましたが、そんな元気などありません。本当にその病気だったんなのかなと疑ってしまいました。
 5日目に初めて重湯をいただき、重湯がこんなに美味しいものだとは思いませんでした。それから一日一日3分粥、5分粥、7分粥、全粥、常食と胃を慣らして9日目には、一時帰宅して体調を見て、11日目の昨日無事退院しました。
 病気の原因は分かりません。人混みにも言っていませんし、かみさんと同じものしか食べていませんし不思議でたまりません。4年ぶりぐらいの入院でした。いつもの先生と顔見知りの看護師さんに出逢うと本当にホッとします。かかりつけ医を持っていることの有り難さを感じました。かみさんにまた心配かけてしまったなと心の中で感謝の手を合わせました。
 入院中、心配のコメントいただき本当にありがとうございました。またボチボチと更新しますのでよろしくお願いいたします。
2015. 04. 04  
先週の金曜日から。ウイルス性の胃腸炎らしきもので行きつけの病院に隔離されていました。ご心配おかけしています。今日体力回復状況観察のため一時帰り、調子がよかったら月曜日に退院します。それからまたブログ更新したいと思います。とりあえずご報告まで。
コメントは拍手欄から お願いいたします
プロフィール

よたろう

Author:よたろう
経歴:
元自動車セールスマン、
元 教師、
元 教育委員会指導主事、
元 校長、
現在:フリーター
子 2人 ,2人とも結婚  
孫 3人
 経歴だけ見たら、すごく真面目で、堅物のようですが、いたって普通のジジです。ボケ防止のためにもブログを開設しました。多くの方々と交流できたらと思っています。
子育て、教育、政治、よもやま話しませんか。

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -