タイトル画像

私の十大ニュース

2014.12.30(08:43) 895

yjimage_20141229222025a4a.jpg

2014年 私の十大ニュース
 1,孫娘(中3)のいじめ問題
 2,孫娘(中3)の成績急降下
 3.孫娘の小学校入学 
 4.孫(小5男)の絵画展市長賞受賞 
 5,次女の嫁ぎ先実家訪問
 6.仙台旅行(次女夫婦の勤務地)
 7.入院等大病をしなかったこと
 8.大学演劇部同窓会、旧職場同僚との懇親会  開催
 9.義母入院
10.有田和正先生亡くなる

 いざ1年を振り返ってみますと、自分のことより孫達の様子がどうしても最初に浮かんできます。初孫の中3の子は生まれたときから本当にいろいろあった子です。生まれたときは逆子で難産、股関節脱臼で入院、交通事故には遭うは、インフルエンザで危うく命を落とすところでしたし、本当に気の休まる子ではありません。
 この歳になりますと自分のことより、子や孫のことが一番気になります。私のことで言えば、このところ耳鼻の手術以来、また禁煙して以来この3年半入院もせず、 持病の発作もでず、かみさんと小旅行に出かけたり散歩したり出来たことが良かったことです。
 がっくりしたことは、教師としての師と仰いでいた有田和正先生が亡くなられてことです。今でも勉強会では先生の実践や考え方を紹介することが多いです。追悼集「人を育てる」が出版されています。先生方には是非読んで欲しい本です。
単調な年寄りの生活ですが、ブログで色々な方の様子を読ませていただき、時にはコメントなどもいただき、脳の刺激を与えていただきありがたく思っています。今年の更新はこれで終わりです。一老人のボケ防止に来年もおつきあいいただければ幸いです。
  明日は大晦日。除夜の金を聞きながら108つの煩悩の浄化をということですが、煩悩なくしては、生きる元気はなくなります。煩悩を失わないように生きていきたいと思います。皆様、良いお年をお迎え下さい。
 

スポンサーサイト

老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

勉強会

2014.12.28(12:32) 893

 image_20141228124243761.jpg
  昨日は、若い先生方との今年最後の勉強会でした。一月に一回の勉強会ですが、今は私が教育について語れる唯一の場です。先生方が自分の授業や実践をビデオにとって見せてくれます。以前は紙ベースの報告でしたが今はスマホやタブレットの映像をプロジェクターで拡大映写してそれを見ながらの勉強会です。時代の変化もよく感じます。
 いつも嬉しいことは会の先生方のぶれない教育です。各教科で身につけるべき知識や技能だけでなくどのような子どもにしたいかをいつも持って折られることです。子どもの変化を1時間の授業や単元の始まりと終わりに比較して子どもの成長を見ていく姿勢がいつもあります。研究会では、知識だけでなく、ものの見方や考え方や学び方を育てようとしています。そのためにはどのような教材で、どのような方法でやるかを具体的な授業を検証しながら進めています。この席でも、私は、我が孫娘の話も引き合いに出すことがあります。子どもの未来を左右する力が、教師にはあるということをしっかり自覚してほしいといつも訴えています。
 この会に参加しますと忘れていた教師魂みたいなものがわいてきます。私にとって一種のカンフル剤みたいな存在がこの研究会の先生方です。
 今年もあと3日、テレビでは今年亡くなった著名人を偲ぶ番組が多く見られますが、本当にたくさんの方が亡くなられたなあと思いますとともに多くが80歳代前半の方です。平均余命というのがありますが男70歳で12年です。まさにその年齢で亡くなられている方が多いのを見ますと己の人生も後10数年かとふと考えてしまいます。
「今日の一歩は、明日の一歩」というのがありますが今日一日を楽しく、明日への一歩にしていけたらと思っています。
 


老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

美術展

2014.12.24(21:24) 892

 先日の中之島イルミネーションの翌日、ハルカスで新印象派展とムーミン展をやっていましたのでそこに寄りました。
新印象派の絵画の中心は点描画です。この2つの絵も近くでよく見ると無数の点々が見られます。
 違う階ではムーミン展があり原画などが多数展示してありましたが挿絵などとても小さく、目がよく見えない年寄りにはちょっとつらい展示でした。娘達が小さい頃「♪ねームーミン♪」で始まるテレビのことや絵本を懐かしく思い出しました。美術展は撮影禁止ですので、ネットの案内から画像は借りました。


新印象派展
≪セーヌ川、クールブヴォワにて≫
   ジョルジュ・スーラ        <髪を結う女>ポール・シニャック  
dc122403.jpg  secret_mainimg_big_convert_20141225153212.jpg

ムーミン展
dc122402(修整1) dc122403(修整1)

dc122402(修整2) dc122283_convert_20141225124948.jpg
                         (このジオラマだけは撮影可)


老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

クリスマスイブ

2014.12.24(18:38) 891

♪雨は夜更けすぎに雪へとかわるだろう
Silent night,Holy night
きっとは来ない ふたりきりのクリスマス・イブ
Silent night,Holy night♪


 孫達がこなくなって久しい。毎年、玄関周りなどのイルミネーションや部屋の中のクリスマスツリーを飾っていましたが、今はそれらも屋根裏部屋に眠っています。クリスマスケーキも特注のものでしたが、かみさんと二人きりになりますとクリスマスなんて何の縁もない感じで仏教徒になっています。ケーキは悪玉コレステロールや血糖値の関係で作ることもなくなり食べることもなくなっている現状です。明日から冬休みです。中三の孫娘は冬期講習で長時間塾づけです。
1年生の孫娘から電話で、通知票は3段階評価で学習も、生活もみんな「良くできる」だったと弾んだ声で報告がありました。この一番下の子は、KYでなく母親の様子をよく感じてくれる子のようで、しんどいときにふっと心を和ませてくれるようです。お姉ちゃんのことで悩んでいた娘も久しぶりに明るい声で電話してきました。クリスマスプレゼントは間に合いませんので、正月にきたらわたせるように希望のアナ雪のドレスをネットで注文したジジ馬鹿よたろうです。


老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

中之島イルミネーション

2014.12.22(20:25) 889

大阪光の饗宴 中之島イルミネーションに行ってきました。

(大阪市役所玄関)                                 
dc122270_convert_20141222192520.jpg
(中之島道路)
通り2
                                               (バラ園)
1_2014122219180568f.jpg 20141016_10553620.jpg
  (中之島公会堂3D)
公会堂dc122240(修整1)_convert_20141222191026
 
 安物のデジカメでまたもやフラッシュがひからず自分のカメラではあまり撮れませんでした。いくつかは宣伝用の写真を借りました。デジカメは買って2年半ですがその間修理に出したのは6回です。あまりに腹が立つのでサービスセンターに苦情を入れました。5年保証で修理していますがその金額が超えても、こうなったら、とことん修理させてみようかなと考えています。富士通のFINPIXシリーズです。フジフイルムのデジカメの売り上げが不振だという記事を見たことがありますが頷けます。






老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

カクタス

2014.12.21(09:32) 887

今年はカクタスがよく咲いています。散歩の途中のシャコバサボテンもどこのおうちのもよく咲いています。今年はこの花にとって何かいいことがあるのでしょうか。昨年は一生懸命短日処理をしましたがほとんだ咲かなかったのです。今年は外に出したままにしておいても花をたくさんつけてくれました。やっぱり、過保護はだめなんでしょうね。

dc122102(修整1)_convert_20141221092416


老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

三者面談

2014.12.19(10:09) 886

yjimage_20141219101204897.jpg

  昨日、孫娘の進路について三者面談があったようです。娘の報告によれば、公立高校は第一志望校は変えなかったようです。第一志望校は担任の「前期試験は100%だめ」「後期試験は頑張れば合格する」という表現は、厳しいものだという意味だろうと思います。前期試験を受けてもだめだから受けて落ちると嫌だろうから受けない方がといわれたようですが、受けてみると答えたようです。挑戦者魂もいいですが、自分の力を自覚していないのではと疑いたくなる感じです。
ランクを下げればいけるのですが、本人の強い意志で変更しなかったようです。内申点も、第一志望校にはボーダーだという感じです。副教科は実技はいいのですがテストが悪いため評価が下がってしまっているようです。副教科のペーパーテストなんか一夜漬けでも出来ると思うのですが、母親がしつこく言ってきたにもかかわらずやらなかった結果です。社会科と、理科が普通に得点できれば合格はすると思うのですが、こちらもなかなかうまくいかないようです。本人も頑張ると言って今は塾のない時間は、塾の自習室に行って勉強しているようです。どのように勉強しているか分かりませんが「頑張ったけれど失敗した」と言うことにならないように的確な勉強をしてほしいし、勉強方法をしっかり教えて貰いたいと思います。
 ランクを下げて受ければ確率も高くなるのですが、受けさせないで別の高校に行っても途中退学しかねない性格の子なので。例え失敗しても本人が納得するようにさせねば仕方がないと思います。失敗も人生経験だと考えようと思います。高校に行かせないわけにはいきませんので私立の方は100%合格するところにして貰うようです。どこの高校に行っても、楽しい学校生活を送ってくれたらと思っています。
 あと2ヶ月、もう孫娘の受験のことは「なるようにしかならない」と考えようと思います。下の男の子も来年は6年生。姉のようにならないように頼りない学校を当てにせず「早めに手を打って」と娘に言っています。


老年フリーターのつぶやき


子育て トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

休憩

2014.12.16(16:05) 885

今日は脳がお休みです。
dc111720_convert_20141216160218.jpg


老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

やっぱり・・・・。

2014.12.15(10:08) 884

yjimage_20141215101233240.jpg

 昨日の選挙、いつも開票状況の様子は少しはドキドキしながら見るのですが、今回は何の感情もわかずふーんといった感じでした。大金を使って、自分の保身を図る総理に白紙委任を与えてしまう国民も、野党も情けないです。投票率が50%ちょっと。国民の半分の審判でこれからの日本の行方が決まるなんて許せないです。
消費税も確実に上げていいですよ、集団的自衛権も行使していいですよ、原発も再稼働していいですよ、というお墨付きを与えたようなものです。
  今回の選挙をみていて思ったことは、この前の大阪市長選挙と同じだということです。やる必要もない選挙を自分の野望を達成するために争点なしの選挙を仕掛けるやり方はきっとこれで学んだのだなあと思います。投票率も低く、仕掛けた方が勝ち、そしてあたかもそれがすべての選挙民の意志だと「民意、民意」をたてに、したいことをする市長と同じです。その市長の率いる政党も意外にもに現状維持しています。思想的政策的には与党は「自・公」ではなく「自・公・維新・次世代」だと思います。
 まともな野党もない現在、今の与党が日本を動かしていくと思いますが、したい放題を防ぐ方法を今回投票しなかった人も含めて考えていかなければならないと思います。
 昨日12月14日はあの忠臣蔵の赤穂浪士の討ち入りの日でした。かなわぬ相手に、判断の誤りを命をかけて抗議したのが赤穂浪士だと思っています。かなわぬ今の政府ですが、せめて時あるごとに意思表示をして牽制はしていきたいものです。それが、特に今回投票しなかった人の責務でもあると思います。
 今回の選挙でもう一つ気になることがあります。それは沖縄選挙区です。辺野古移籍反対派が全勝したとのことです。
勝った勝ったと喜んでいますが、普天間基地をどうするのか、沖縄から基地をなくして日本の防衛をどうするのか見えていません。選挙に勝つためだけのスローガンとしか思えません。沖縄県民の気持ちは理解できますが現実の問題として中国の脅威からいかに日本を守るのか勝った側の明確な夢みたいな政策でなく実現可能な政策を示してほしいと思ってしまいます。


老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

気分転換

2014.12.12(13:12) 883

yjimage_20141212135346f52.jpg

  このところ自分が少し鬱的になっているかなと思う時があります。ちょっと調子が悪くなると不安になったり、体調のことが気になったり、以前は色々出かけたかったのにめんどくさいなと思ったり、何をしても何か心から楽しめないような最近です。今年は京都の紅葉も一度も観に行かずじまいでした。料理も時々しかやらないのにかみさんには「味が濃いだの、薄いだの」と文句は言うのです。
 私の今の状況の一番の要因は孫娘の高校受験でしょう。初孫でしたので一番よく相手をして思い出がいっぱいの孫です。まさに当時流行した歌の通りです。

「なんでこんなに 可愛いのかよ
 孫という名の宝物
 じいちゃんあんたに そっくりだよと
 ひとにいわれりゃ 嬉しくなって
 下がる目じりが 下がる目じりが えびす顔」

   (作詞:荒木良治、作曲:大泉逸郎 「孫」)

 その孫が、高校受験。勉強の仕方は分かっているのかな、苦手な教科はどのようにしてやっているのかな、こんなことはもう覚えたかなと勝手に心配しているのです。今は、塾にも行き、塾の学習室に行って勉強もしているようですが、早くテストも終わり希望のところ、自分が納得できるところに行けるようになって終わってほしいです。人生で通過しなければならない試練だと分かっていても心痛む思いがしています。歳をとると時間が経つのが早く感じるものですが、今は、とっても遅いような気がしています。早く4月がこないかなと思います。
 孫の人生は、孫の手で拓いていかなければならないと分かっていても、ジジ馬鹿はいらぬ心配をしてしまうのです。
 テレビをつければ、誇らしげに選挙演説する男の顔がテレビに出てくる度にまた鬱陶しくなっています。
 少しでも気分転換しようと、テンプレート変えてみました。文字も大きくしています。 


老年フリーターのつぶやき


トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
2014年12月
  1. 私の十大ニュース(12/30)
  2. 勉強会(12/28)
  3. 美術展(12/24)
  4. クリスマスイブ(12/24)
  5. 中之島イルミネーション(12/22)
  6. カクタス(12/21)
  7. 三者面談(12/19)
  8. 休憩(12/16)
  9. やっぱり・・・・。(12/15)
  10. 気分転換(12/12)
次のページ
次のページ