タイトル画像

どこに行くの日本

2014.06.30(08:12) 804

yjimage_201406300815407ec.jpg

今日は珍しく政治のことについて語ります。
この頃の政治の動きを見ていますととても不安を感じます。「集団的自衛権」と訳の分からない表現で憲法を政府の解釈で運用しようとする姿勢にはあきれます。考えてみれば,安倍晋三総理は、かつて満州で権力をふるったA級戦犯、岸信介の孫です。1960年安保の時樺美智子さんが死んだときの総理大臣でもありました。血は争えないもので好戦的DNAはきちんと受け継いでいるのだなと思います。憲法を変えるというのなら正々堂々と憲法改正の動議を出し国民に問うべきだと思います。それは難しいと考え、とても姑息なやり方で日本の将来を決めていることにとても腹が立ちますし恐れを感じています。国民の目がよそに向いている間に、国内的には年金の引き下げだの、国民保険の改悪だの、残業手当なしだのあげくには、大会社で儲けているところしか払っていない「法人税」を減税し減った税収を、また庶民に課そうとしたり、扶養家族制度の改悪と庶民の生活を直撃する方策が進行しています。国際的には、原発を輸出したり、武器の製造販売の道を開こうとしたり、まさに「死の商人」の復活です。どうもかって歩いてきた道「強い日本」へまっしぐらといった感がしないでもありません。
 これほどいろいろなことをどんどんやれるのは圧倒的多数の与党で、対抗する野党がいないためでもあります。お隣の国の一党独裁ににたところが出てきています。公明党がいなくても数的にはどうってことのない状況なので、平和主義を唱えていた公明党も政権与党にしがみつき暴走の歯止めになりません。
  東京都議会もそうですが、圧倒的多数の党を生んでは歯止めがききません。頼りない野党ばかりですが、一党独裁体制を与えることは危険だと今回で感じました。
 目先のことにとらわれて、孫達の時代が危うくなるような選択はしないようにしなければならないとつくづく思います。
それにしても、この頃の大学生は政治に無関心なのか、何があっても全く動きません。過激な学生運動は否定しますが、私達が学生の頃は国を動かすといった気概を持って不合理には声を上げていました。若い人たちがもっと声を上げてほしいと願う老人の一人です。

スポンサーサイト

老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

緑のカーテン

2014.06.29(09:48) 803

dc062905_convert_20140629094535.jpg dc062906_convert_20140629094628.jpg
 今年も、南側の窓にゴーヤの緑のカーテンを作りました。現在、すでに窓全面を覆うように育っています。はじめから実をつけさせると葉の育ちが悪くなるので、こまめに雄花、雌花を摘んでいたのですが、下の方にいつの間にか実り、大きくなっていました。もう一日置いておいて、収穫し今年初のゴーヤチャンプルを味わいたいと思います。


老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

築11年

2014.06.26(21:44) 802

yjimage_20140627083752dd1.jpg

 我が家の築年数は、すぐに分かります。なぜなら、二人目の孫と同じ歳になるからです。11年前の6月26日に今の家が完成し引っ越しました。翌日孫が生まれました。引っ越しの片付けはいったんおいて孫の顔を見に病院に行きました。元気な男の子で、娘も2回目の出産で、マタニティブルーになることもなく、ゆったりとしていたのにホッとしたものでした。
 退院するまでは、婿殿のお母さんが4才になる孫娘の世話をしてくれ、退院後はかみさんが娘の家に行って世話をしていました。引っ越し直後でしたので、いろいろすることがありましたが、すべて私一人でやらざるを得なくなり、まだ現役で勤めていましたので、結構しんどかったことを思い出します。
 新築後、以前より少しばかり広くなりお客さんを泊めることができるようになました。次女がシンガポールに留学し、外国人の友達を夏、冬などの長期休暇には連れてきました。中国人、韓国人、アメリカ人、カナダ人、インドネシア人と、いろいろな国の子達が我が家に泊まっていきました。日本のふつうの家庭のもてなしをと考え特別なことはしなかったのですが、とても喜んでくれました。日本語が分かる子達ばかりでしたので、時には、奈良などを案内しました。次女のおかげで、インターナショナルな体験をさせて貰い、楽しい11年間でした。


老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

腐ったみかん

2014.06.23(17:02) 801

みかん

 大阪市教育委員会は、 授業妨害などの問題行動を繰り返す児童・生徒を学校から引き離し、1カ所に集めて指導する「特別教室」を設けるということを提案し、市長も了解したようです。私はこの記事を見たとき、すぐに思い出したのは以前のテレビドラマ「3年B組金八先生 第2シリーズ 腐ったミカンの方程式」の中で使われた「腐ったミカン」という言葉です。
 ドラマではいろいろ問題行動をする加藤という子が在籍していた中学校は「他のミカンを救うためには、腐ったミカンは放り出さなければならない」と言う名目で問題児を切り捨てるやり方で加藤を放り出したのです。加藤という子の設定は・・・加藤には、暴力を見せ付けた大人がいる・・・
・・・加藤の父親はサラ金に手を出し数年前に蒸発・・・
・・・今の加藤には、そんな環境も影響してるんです・・・
・・・加藤はもう大人を誰一人信用しとらんでしょう・・・
というものでした。その加藤が金八先生の学校に転校し、金八先生との交流の中で更正していくドラマでした。ドラマのようにきれい事ではいかない現実はありますが問題行動を起こす子どもを「腐ったミカン」として放り出すのは教育の放棄だと思いました。
 今回の教育委員会のやり方は、昨今の、学力テスト問題に見られるように学校教育が昔の知育偏重に向かっている象徴的な事象だと感じます。教育委員会が先頭に立って旗振りしている姿は、例の市長のご機嫌取りをしているように見えてなりません。教育の大本である教育委員会が指導放棄を促すような制度を考えるなんて、教育委員会不要論が言われるのは当たり前だとも思います。子どもを放り出し、隔離していけば学校にはいい子ばかり残って楽ちんでしょう。
学校教育には学習指導と生徒指導の大きな柱があります。この一つの柱、生徒指導を放棄すればもう教育ではないと思います。「腐ったミカン」として指導困難のレッテルを貼って放り出すことが可能になれば、その子達に真剣に向かい合う教師はいなくなるでしょう。勉強を教えるだけが教師の仕事だったら給料は半分でいいでしょう。生徒指導を通して人としてのあり方や、集団のあり方、仲間意識など、まさに生きる力を育てることが大切なのです。このことが大変なのは分かりますが、子どもの指導だけでなく、この指導を通して教師としての力や、人間としての力が養われると思っています。私は、今までいわゆる「腐ったミカン」と見なされた子ににどれだけ教えられたかしれません。
 教育委員会が、本気で学校の荒れに対応する気があるなら「腐ったミカン」を捨てるやり方でなく、「腐ったミカン」になった背景をしっかり分析し、その生かし方を考えたり、「腐ったミカン」の増殖を防ぐ他の手段を考えたりすべきだと思います。
 私も教育委員会に在籍したとき、荒れた学校に何日も詰めたことを思い出します。教育委員会が汗水流す覚悟がなければ事態は解決しません。いい加減な仕事をしているところほどいい加減な解決方法を考えつくものです。
 大人の都合で追いやられる子どもの将来を心配してしまいます。



老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ありのままでー♪♪

2014.06.23(08:18) 800

アナ

  ちょっと流行遅れですが、宣伝に乗せられて「アナと雪の女王」を見に行きました。6周連続1位が「コナン」に阻まれ、少しは空いているかと思いましたが、結構混んでいました。耳が聞こえにくいので最近は洋画の字幕が見やすいので洋画版をと思いましたが、この頃はもう日本語版しか上映されていませんでした。日本語版のため、親子連れが多かったです。
 テーマ曲の「ありのままで」は、いやというぐらいにテレビで聞いていましたので、劇場でその曲が流れてきたら何となく親しみを感じてしまいました。今回は、あらすじ等も読まず全くの白紙状態で見ました。
 お話の内容は大人から子どもまで分かりやすいものでした。ディズニー独特のキャラクターが結構かわいかったです。映像がきれいなのも引きつけられました。「ありのままで」が歌われる場面で、いつも聞き慣れていた、「May J」の声でなく「松 たかこ」の歌声でした。May Jよりも自然に歌っている感じでこちらもよかったです。約2時間居眠りせず鑑賞できました。
 食事をして、イベント広場に行きますと、以前、深夜番組の「ロケみつ」で「ブログ旅」というのをやっていましたサキちゃんこと稲垣早希がMCで吉本のイベントをやっていましたのでのぞいてみました。サキちゃんが登場するたびに、スマホでみんな写真を撮っていました。私もカメラを構えると係員がきて撮影しないようにと注意されました。吉本興業の商魂を感じちょっと嫌な気持ちで家に帰りました。


老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

納税の季節

2014.06.20(09:19) 799

kaeru.jpg

 6月は、税金等の納入時期です。今年は空梅雨みたいであまり雨が降りませんが、じめじめして嫌な季節ですが、市民税・府民税、固定資産税、国民健康保険代、介護保険代と次々に納付書が送られてきて気分が優れません。現役の頃は給料から天引きになっていましたのであまり関心がなかったのですが、自分で申告したり、管理したりしなければならない状況になりますと、税金等に払っている額が多いのに驚きます。現役で働いているときの給料の1割はさほど気になっていませんでしたが、年金暮らしになりますと少ない年金の1割は大きいです。介護保険もあがりそうでますます質素倹約の生活を強いられそうです。
 税金の納付は、自動引き落としにはしないようにしています。いったいどのくらい納めているか分からなくなるのが嫌なのです。税金や国民健康保健代の算出基礎になる収入額の中に個人年金が含まれることに違和感を感じます。現職の頃、老後を考え買いたい物も買わず我慢して節約して積み立て、退職後に分割して個人年金として保険会社から受け取っているものがあると税金や国民健康保健代が高くなるのには納得できません。この個人年金の確定申告の項目、不労所得もしゃくに障ります。一所懸命働いて貯めた金です。働かないで得た所得ではないのです。給料で税金摂られ、利息で税金摂られ、貯めた金に課税され、何度一つの金に税金をかけるんやと腹が立ちます。個人年金は考え物やとつくづく思います。預金にして少しずつおろしながらやっていく方が得な気がします。
 健康保健代が払えなくて無保険の人が増えているとのことですが、まだ保健代が支払え、健康保険が使える分、幸せと思わなくてはいけないのかなとも思います。アベノミクスなどと景気のいい話がありますが、年金生活者をターゲットにした制度の改変を見ていますとあまり長生きするなと言われているようで悔しいです。総理をはじめ、二世三世のお坊ちゃん、お嬢ちゃん政治家には私達庶民の苦しみや願いは分からないだろうとむかついています。
 
 


老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

認知症

2014.06.16(21:31) 798

Iris-ensata06.jpg

 お義母さんが、認知症になって久しいですが、若い時からやっている短歌への思いは強く、その回路は認知症と診断されても正常につながっていたのには感心します。
お義母さんの、メモ帳がありそれを開いてみますと折にふれ、短歌が記されれています。日常生活では異常な行動があり、一人家においておくと危険なため、やむなく施設のお世話になったのですが、短歌だけを見ますと認知症など感じさせられません。 

 新年に九十歳になる我の
         遙かなる過去をふり還りみる

施設に入った頃、窓から見える空港の飛行機の運行と時間が何度も記されています。自分の認知症が少しでも進行しないようにと努力されていたようです。この頃、病院で脳の検査をしてもらったところ、脳の萎縮はかなりなもので、その状態で、短歌を詠んだり、書をしたためることはかなり難しいと考えられるのにすごいことですと医者が感心していたそうです。

 我が家が遠山裾に在りと思い
         昏れゆく空をみつつ思えり

この歌を見ると施設よりも、我が家が一番。長年過ごした我が家にできれば戻りたかったんだなあとちょっと胸が詰まります。今、車いすで、何も言わないお義母さんですが、我が家に戻りたいと思っているのではないかと思います。
 
彼岸花赤き花ひらく華やかに
         今日の幸せ来るが如く咲く

この歌は、92歳の昨年末に所属の短歌会に送った歌です。もう一度、短歌が詠めるようになってほしいという願いを持ってしまいます。



老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ただいま!!

2014.06.14(23:33) 797


image_2014061510264734c.jpg

 熊本から帰ってきました。プラムの出荷第1弾の真最中で、かみさんもちぎりからパック詰めに汗を流していました。私は腰痛がありますので、賄い専門でいきました。これから、第2弾、3弾と続きます。とりあえず土曜日に帰阪しました。
 私がかみさんについて帰った目的は、出荷手伝いもありますが,一番は、93才になるお義母さんの様子を確かめる ことにありました。私が到着する前に、施設から電話があり、お義母さんが何も食べなくなったとの連絡があったようです。その日の出荷準備が終わって夕方から、かみさんと義兄、義妹の兄妹が施設に行きました。私が実家について2時間ばかりで帰ってきました。二人の話では、お義母さんは、咀嚼したり、飲み込んだりができないようなので、病院に連れて行き脳の検査をしてもらったそうです。結果は、脳梗塞の疑いはなかったそうでよかったです。しかし、三人が誰か認識できなかったようで、何を聞いても口を開かなかったようです。認知症は間違いなく進行しているのではないかと思います。その話を聞いて、とても悲しくなりました。
 翌日、夕方、義妹にお義母さんところに連れて行ってもらいました。連絡してあったので、職員の方に車いすに乗せて貰って玄関まで迎えに出てくれていました。お義母さんの顔を見るなり、手を取って「ご無沙汰しています。私が誰か分かりますか?」と訪ねると、なんと「よたろうさん。」と即答してくれました。多分分からないだろうと覚悟していったのでこの反応には涙が出ました。しばらく手を握っていますと私の顔をじーと見ていました。面会室に入って、かみさんや義妹の名も言ってくれちょっとホッとしました。
翌日、かみさんと義妹が行ったときは、思い出すのにかなり時間がかかったようです。とにかく食べられなくなったら、今の施設でなく病院かなと思っています。私が今度行くときはもう、私と認知してくれないだろうと思い別れの時バイバイしてくれた顔が目に焼き付きました。


老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

里帰りしてきます。

2014.06.09(11:37) 796

yjimage_201406090010437df.jpg
 
   今日、かみさんは熊本の実家に帰りました。今晩は独り寝です。

   夜もすがらもの思ふころは明けやらぬ ねやのひまさへつれなかりけり

私も明日向かいます。実家に帰ると義兄のプラム出荷の手伝いです。本当は行きたくないのですが、一人暮らしは寂しいし、健康の不安がありますのでやむなくかみさんに同行するわけです。出荷の手伝いは嫌なので、料理担当をやろうと思っています。昼食、夕食、それにおやつのお菓子作りをします。今週の土曜日まで、シェフをしてきます。
 スマホもなく、ネットのできる環境にない実家ですのでこの間更新はできませんし訪問することもできません。予約投稿もちょっと気力がありません。パソコンから離れて自然生活をしてきます。


老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

AKB総選挙

2014.06.08(10:52) 795

yjimage_20140608104801de3.jpg

 昨晩は、AKB総選挙を見ていました。特にAKBのフアンでもないのですが何となく見ていました。関東は大雨で会場もすごい雨が降っていました。その中に7万人もの人が集まるってすごいなと思いました。ずーと見ているとしんどいので時々他のチャンネルを回してみていました。AKBという名前は知っていますが誰がどこに所属しているのかなどはあまり分かりません。顔と名前も一致しません。もちろん曲も歌えません。ただ、今年のNO1は誰がなるのだろうといったただの野次馬です。
 指原莉乃、渡辺麻友とういう子が争っていることは知っていました。九州人の私達ですし、何となく主流派でないような気がして、どちらかといえば指原という子を応援していました。結果は渡辺麻友さんが勝っていました。この番組を見ていて思ったことは、一人一 人のコメントがしっかりしているなと言うことです。アイドルって、チャラチャラしているイメージを持っていましたが、彼女らのコメントを聞いていると、アイドルって大変なんだ、努力しているんだな見方を変えさせられました。二十歳そこらの子達が7万人の前で自己主張している姿を見て感心したりもしました。
 印象に残ったのは、例の暴漢に襲われた川栄李奈の「今回は事件のための同情票で大幅ハップしたが、次回はそんなことでなく自分の力で頑張りたい」といった趣旨の発言に、オバカキャラで売っているそうですが、そんな感じは全くしなかったです。
 反対にえーと思ったのは、4位になった松井珠里奈という子のコメントと様子です。17才にしては老けて見える子ですが、「1位になれなかったのが悔しい」と泣きじゃくっている姿を見て、自信過剰と違うかと思ったものでした。常に上を目指す気概は買えますが今置かれている状況を認識した物言いが必要なのではと思いました。
 いずれにしろ、若い子達が頑張っている姿を見ると元気を貰います。彼女たちが会社の消耗品にならないように自分をしっかり持って頑張ってほしいと思った夜でした。

老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
2014年06月
  1. どこに行くの日本(06/30)
  2. 緑のカーテン(06/29)
  3. 築11年(06/26)
  4. 腐ったみかん(06/23)
  5. ありのままでー♪♪(06/23)
  6. 納税の季節(06/20)
  7. 認知症(06/16)
  8. ただいま!!(06/14)
  9. 里帰りしてきます。(06/09)
  10. AKB総選挙(06/08)
次のページ
次のページ