2013. 05. 31  
まだまだ先と思っていましたが、次女の結婚式が明日へ迫ってきました。今から、東京に向かいます。
2013. 05. 29  
DSCF4172_convert_20130529163419.jpg DSCF4175_convert_20130529163515.jpg
昨年剪定時期を間違えて剪定したためか、一つも咲かなかった鉢植えの紫陽花に今年はたくさん花がつきました。ミニバラの鉢も、例年になくたくさん花をつけています。
 本当に草花や野菜作りは、子育てと一緒だといつも思います。水のやり過ぎや肥料のやり過ぎは必ず根腐れをおこしますし、不足すると花も実もつけてくれないし、時には枯死してしまいます。花や木に応じた世話の仕方があります。人の子も個性にあった育て方をしなければ、花も実もつけてくれません。
 子供が旅立っていった老人には新たな子育てとして草花を育てる人が多いというのは何となく分かります。枯れて死んでしまったと思っていたハイビスカスをダメ元で植え替えて肥料と水やりと日光管理をしてやり、あきらめていたところが芽を出して葉が大きくなってきているのを見ると感動します。


2013. 05. 28  
imageCAGSOOTH.jpg

次女は、周りの暖かい大人に囲まれとても安定した幼児期を過ごすことができました。性格も穏やかで争いを好まないタイプでしたが、なぜかあんまり荒らすこともなく成長していきました。ただ、マイペースで時にはイライラすることもありました。1年生の担任の先生からは「わたしが担任だから我慢できますが、そうでなかったら怒られるでしょうね。」と言われるくらいマイペースな子でした。でも、自分へのこだわりは強く持っていました。

 1年の頃だったと思いますが、夏休みの宿題で、貯金箱コンクール用の貯金箱を作ることになり、お金を入れたら目がくるくると回る貯金箱を作ると言って何日かかけて作っていました。できて明日持って行くと言うときにお金が当たって回る仕掛けの所が上手く作動しないようでしたが、もうこれで良いと翌日の準備をして寝ました。
 親馬鹿の私は、その貯金箱の回転するところを何とか回転させ、人形の目が回るようにしてやりたく、娘が寝てからちょっと手を加えてやり回るようにしてやっておきました。
 翌朝、私よりも早く出る娘を送り出し、ふとゴミ箱を見ると私が改良した部品が捨ててあり、自分の作った方を付け替えて持って行っているのに、なんと我の強い子なんだとあきれました。それ以来いっさい手を出さないように気をつけました。
 

 1年生の時の思いでは、他に、私が胆石で手術して入院したとき、お父さんと一緒にいたいと言うのでかかりつけ医の病院でしたので、頼んで2人部屋を借り切って、土曜日には病院に泊まりジグソーパズルなどを一緒にしたりしていました。お陰で病気の回復も予定より早めになり退院できました。

 中学校に進むと、生徒会長に立候補し当選。発の女性会長の誕生でした。マイペースは相変わらずでしたので勤まるのかなと心配しましたが、なぜか娘の側にはいつも誰か助けてくれる人がいるのです。この時は副会長の子がしっかりしていて、運動会、卒業式後のイベントなども無事にこなすことができホットしたものでした。 

 高校にはいるとなぜか、柔道部に入っていい友達を作って楽しんでいました。大学に進学してシンガポールに留学し、アメリカ人、中国人、韓国人、インドネシア人といろんな人種の学生と友達になり、正月なんか4人も5人も連れて帰り家に泊まらせたりとふだんでは経験できないことを経験させて貰いました。
 本当に、生まれてきてくれてありがとうと言う言葉がピッタリの子でした。そして、人生最後のテスト、良き伴侶選びにも成功し、本当にこの28年間とても良い思い出をたくさんもらい感謝しています。きっと良い家庭を築いてくれるだろうと信じています。


2013. 05. 27  
image_20130527212349.jpg

 まだまだ先のことと思っていましたが、次女の結婚式が片手の指で数えられるまで近づいてきました。なんと今年は、梅雨入りが1週間も早く、予報では、雨かくもりです。過去10年間に6月1日に雨が降った日はないのに今年に限って何でと思います。地球温暖化で過去の気象データも当てにならないなと感じています。せめてくもりであってほしいと祈るばかりです。
 結婚式が近づくにつれ、次女の生まれたときからのことが脳裏を駆けめぐります。以前にも書きましたが、長女とは15才離れています。私が40才、かみさんが39才の時の子です。生まれる時から手の余りかからない子で超安産で生まれ、何の病気もなくすくすくと育ってくれました。次女の今日までのこと、ちょっと綴ってみたいと思います。 

 隣組には小さい子は誰もいなかったせいか近所のお母さん方、みんなに可愛がられ成長していきました。
 12月生まれなので、保育所には入れず、4月までお向かいの方に預かって貰いました。4月からは、朝は基本的には、職場が近い私が保育所に連れて行き、帰りはかみさんが迎えに行く役割分担にしていました。

 朝、通所の時、落ち葉の季節には、必ずきれいな落ち葉を拾って保育遺書に行くのが常でしたし、あまり寒いときは、自転車の後ろに乗って、私が着ているコートの中に顔をつっこんで通ったりもしていました。保育所大好きの子でしたので別れ際も泣くこともなく笑顔で窓からバイバイしてくれたものです。本当に手のかからないやりやすい子でした。
 小さいときから、いろんな所に連れて行きましたが、どこに行っても喜んでくれ、子育ての楽しさを感じさせてくれました。私は歴史が好きなので、お寺や、博物館など良く連れて行きました。お寺などおよそ小さい子供には感心がわかないと思うのですが、なぜか関心を持ってくれ、三十三間堂などでは仏像がえらく気に入ったのかダッコして二回りしたこともありました。博物館などに行くと、半日は出てこないこともありました。
 1泊ツアーはしょっちゅう連れて行きました。それまで、良く夫婦げんかもしていましたが、次女が生まれて、お互い、いい歳になってきているので、助け合わなければ子育てできないのでけんかしてる暇はなかったです。まさに「子はカスガイ」でした
  つづく

 
2013. 05. 26  
wtyfr851-img600x450-1368925301h6j9o062963.jpg

 モーニングとだけ聞くと、喫茶店のモニングサービスの話かと思われそうですが、そうではなく式服のモーニングのことです。次女の結婚式は、仏式ですが、別に羽織、袴でなくともモーニングでも良いとのことでモーニングを持って行くことにしました。
 このモーニングは、校長になったときに買った物で、卒業式の日のためだけのものでした。卒業式を5回やりましたので5回着たのと、長女の結婚式の時に着て、バージンロードを歩いたものです。長女の結婚式ではバージンロードを歩くときはとても緊張しましたが、今回はそれもありませんので気楽に参加できそうです。
 今までに、合計6回しか着ていません。略礼服は、葬式や教え子の結婚式等で何度も着ましたし、これからも着る機会があるように思いますがモーニングは着る機会が少ないです。
 今度6月1日の次女の結婚式が7回目で、このモーニングを着る最後になると思います。そう思いながら、全て揃っているか点検しながら、なんとんなく感傷的になってしまいます。
 
2013. 05. 25  
image_20130524111531.jpg

今日、結婚式で着るものの準備をしました。かみさんと、長女は留め袖です。着物を着るためには本当にいろんな小物がいるんですね。小物ではないですが、半襟という物がありますが、この半襟という物を見ますと亡くなった母を思い出します。
 高校の時の修学旅行が京都、奈良、大阪そしてフェリーで別府に渡り、下関に帰るコースでした。母に、
「土産はどんな物が良い?」と聞きましたら、
「京都で安い物で良いから着物の半襟を買ってきて」
と言われ、半襟がどんな物で、何に使う物か分からず、とにかく教えて貰って、京都の自由時間に売っている店を探して買って帰ったことを思い出します。
 この修学旅行の思い出は他にもあります。私の高校は進学校で一応男女共学でしたが、女子は学年に3,4人しかいませんでした。その一人が、私の初恋の人でした。ちょっとでも旅行で話せるかなと思っていましたら、女生徒に限って家族同伴が認められていて、4人の女子のお母さんが一緒に同行したのです。集合写真からは外れていました。今から考えても不思議な制度だったなあと思います。現在はどうしているかは分かりませんが聞いてみたい気もします。
 結局、ゆっくり話すこともなく、大阪港からフェリーに乗って、夜遅くに別府に着きました。各部屋に別れて、みんなでくつろぎながらジュースだけでなく、なんと缶ビールを飲んで大騒ぎしたのです。旅館の方が先生に通報し、えらく叱られみんな酔っているので翌朝事情聴取されました。ビールを飲んだ者をを調べられたのですが、なんと男子全員でした。何らかの処分を覚悟していたのですが、どうも引率の先生方が自分たちの腹に収めてことを前面に出さなかったようで、処分なしでした。
 
 父は酒もタバコもやらなかった人で、奈良漬けを食べるだけで顔が赤くなるような人でした。そのDNAをうけついだのか、アルコールを飲んだことがない私でしたので体中に蕁麻疹が出て、さらに二日酔いで、翌日の別府見学はとってもつらかったことを思い出します。以来自分は酒には弱い体質だと自覚しました。

2013. 05. 24  
DSCF4167_convert_20130524193623.jpg今晩は(24日の夜)、久しぶりに腰の痛みもあまりなく食欲もありましたので、かみさんが次女の結婚で東京に行く、新幹線の早割切符をJRの駅に買いに行っている間に、母の日に作ってあげると言っていたトンカツを作りました。
 トンカツはしっかり包丁の背で叩きその後、ぎゅっと押し縮めて大きくならないようにして、塩こしょうしておきました。衣はカキピーを軽くプロセッサーで細かくしパン粉と混ぜておきます。後は普通のフライのやり方であげます。衣がはがれないように卵を閉じたものに小さじ1杯のサラダ油を混ぜると衣がしっかり肉につくと言うことなのでそうしました。
 もう一つの料理は、ミネストローネです。これは余り物の野菜などを使ってシリコンスチーマーで電子レンジでつくりました。
 トンカツは、少し揚げすぎた感じですが、ピーナツとカキノタネが付いて、衣がさくさくして美味しかったです。塩こしょうカキノタネの味がありソースなしで十分でした。
 ミネストローネにはこの前買って鉢に植えているナスタチウムの花と葉を飾り付けてみました。料理は見た目3分と言いますが、ちょっと美味しそうになりました。最近は、少食になっていましたので、全部食べきれるかなと思いましたが2人とも完食しました。かみさんが喜んで食べてくれて良かったです。


2013. 05. 23  
imageCARCPLEI.jpg
 初孫の中学2年生の子が、昨日、数学のテストを返して貰ったようです。満点にはなりませんでしたが、クラスのトップだったと喜こんでいたようです。メールで、ほめて、頑張ればできること、孫娘が頑張ってくれることが私の喜びだと言うことをメールしました。折り返し、「うんわかった、がんばる。」と絵文字、カラー文字で返ってきました。1年生の始めの頃は、散々なテストの点で、心配していたのですが、塾に行くようになって随分と良くなってきています。塾で育てて貰っているような気がして、元教員としては、心のどこかに引っかかるものがありますが、孫が自信を持ってやってくれるようになればいいかなと思い直しています。
 初孫だったので、この子は特に気になる子です。隔世遺伝か、鼻が悪くてくしゃみを良くするし、中耳炎になるし私と同じ症状があります。そんなところが又、ジジバカの心をくすぐってしまいます。
 2才の頃から、かみさんと3人で近畿の近辺の旅行をしたりしていました。親がいなくても、ジジ、ババに良く懐いてくれ、どこに連れて行っても喜んでくれる、いわゆる連れて生き甲斐のある子でした。反抗期の時でも、親に逆らっても、私にはいつも素直でした。
 今は、弟にはかないませんが、良く絵を描いて遊んでいました。お話ししながら絵を描いていましたので、パソコンにとりい入れて絵本にしてやりました。何冊か作ってやった絵本は、妹の好きな絵本にもなりよく読まされて役に立っていました。
 5才になったときに作った初めての絵本を紹介します。ジジバカと思って、スルーしていただいても結構です

ひょうし1
1_20130523101852.jpg2_20130523101914.jpg
3_20130523101930.jpg4_20130523101954.jpg5_20130523102007.jpg6_20130523102016.jpg7_20130523102025.jpg9.jpg

今12才、この子がお嫁に行くまで生きていたいなとは思いますが・・・・・・。

2013. 05. 21  
ピカソ道化役者と子供バスキア無題ロスコーナンバー28
ピカソ道化役者と子供      バスキア 無題                ロスコー ナンバー28

繝槭ユ繧」繧ケ髀。縺ョ蜑阪・髱偵>繝峨Ξ繧ケ_convert_20130521214128
マティス鏡の前の青いドレス

関西の6美術館所蔵の作品展がありました。絵画あり彫刻あり、抽象あり写実ありの結構楽しい展覧会でした。ピカソ展も同時にありふだんはあまり見ない作品が展示されていました。マティス、セザンヌ、ピカソ、カディンスキー、ウオホール、といろんな画家の作品が80点ありました。
 毎年この時期のコースは、歩いて20分ぐらいの所にある中之島バラ園に行きます。バラ園は今が盛りでもう少し遅かったら、散って、今日が一番の見頃じゃなかったかなと思います。お弁当を食べて、私は昼寝し、かみさんは近くの東洋陶磁美術館にガラスの製品の展覧会を見に行きました。久しぶりに1万歩歩いて、帰ってすぐにまた、寝てしまいました。


DSCF4157_convert_20130521221536.jpg   DSCF4164_convert_20130521221626.jpg
DSCF4165_convert_20130521221704.jpg  DSCF4147_convert_20130521221404.jpg
2013. 05. 20  
DSCF4130_convert_20130520165953.jpg 繧エ繝シ繝、3_convert_20130506155251 DSCF4137_convert_20130520170054.jpgDSCF4135_convert_20130520171029.jpg


 今日は、良いお天気になったので、弁当持ちで自転車で40分ぐらいの市立公園のシャクヤク園を見に行きました。月曜日なのでほとんど人がいなくてゆっくり鑑賞できました。シャクヤクにもバラと同じで色々な種類があることを知りました。近くのベンチで昼食を取っていますと、どこからともなく、雀が飛んできてえさを求めます。膝の上まで乗ってくる人を恐れぬ雀たちでした。そのうち、鳩が気づいて雀たちを追い払い、えさを求めてきました。ふだんは家の近くとかに来る鳩や雀には絶対えさをやってはダメですが広い公園なので、おにぎりや、パンくずを投げてやりました。
 腰の痛みは、完全ではないですが取れて、日常生活には支障がないようになりました。今日もおそるおそる出かけたのですが、無事に痛くならず良かったです。しばらく広々としたところに言っていなかったので、少し気がはれました。
 帰り道にLG21を安く売っているスーパーによって、かかりつけの病院前を通ったので昼だけやっているリハビリルームで腰を温めて帰りました。
 


コメントは拍手欄から お願いいたします
プロフィール

よたろう

Author:よたろう
経歴:
元自動車セールスマン、
元 教師、
元 教育委員会指導主事、
元 校長、
現在:フリーター
子 2人 ,2人とも結婚  
孫 3人
 経歴だけ見たら、すごく真面目で、堅物のようですが、いたって普通のジジです。ボケ防止のためにもブログを開設しました。多くの方々と交流できたらと思っています。
子育て、教育、政治、よもやま話しませんか。

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -