FC2ブログ
2013. 01. 24  
『15年前に、先生方に呼びかけたこと』

 今年も一年が始まりました。今年こそは穏やかな幕開けかと思いましたがそうでもなかったようです。新聞の紙面は、景気の先行き不安、通り魔事件と気が重くなる記事ばかりで、新聞を読むのが嫌になります。もう少し明るく元気がでる記事も書いてくれないものかと思います。              
 ところで、1月になると忘れられないことは、阪神淡路大震災のことです。神戸の大地が激しく揺れ、多くの尊い命が奪われ、美しい町並みが一瞬のうちに瓦礫(がれき)と化したのは、3年前の1月17日未明のことでした。この3年間、神戸の人々は「がんばろうや、神戸」を合い言葉に、焦土と瓦礫の中から立ち上がったのです。

 先日、震災後初めて神戸の町を訪れましたがその見事なまでの復興ぶりには感嘆の念を禁じえませんでした。表向きには、以前にもまして活気に満ちあふれているような気がしました。まだ、多くの課題を残してはいるとはいえ、僅か期間にこれほどまで復興するとはだれが予想しえたでしょうか。神戸の人たちのエネルギーと人間の逞しさを感じずにはおれませんでした。    
 
 思えば、震災の時、私は病院のベットの中におり、テレビで震災の報道を見ていましました。終日報道される内容は、なぜか、悲惨な状況の中で繰り広げられた人々の勇気と優しさを讃えるものが多かったように思います。のべ、1千万人にも及ぶボランティアの人々の働き、現地の学校の先生方の献身的な活動そこには、現代社会で希薄になっているコミュニュケーションの輪の広がりがあり、人間の温かさを感じさせられたものでした。厳しい状況の中にあっても、希望を失わず前向きに生きようとしている人々、そして、そんな人々を掛け値なしで支えようとしている人々の姿は、病気で弱っている私の気持ちを奮い立たせるには十分なものでした。
 
 人は、逆境に立たされた時こそ、後を振り返らず、明るく前を向いて行くことが大切なんだと教えられたような気がします。人間は、環境の動物ともいわれます。困難なことにぶつかるとどうしても暗くなりがちです。周りが暗い雰囲気であればどうしても暗くなり、必要以上に不安感が増し、落ち込みがちになります。逆に、明るい環境にあると何となく希望に満ち、意欲が沸いてきます。
 今、学校教育はまさにM6なみの激震に揺れています。課題が山積し、先行きが不透明な状況にあります。校内暴力の増加、いじめ不登校、学級崩壊等どちらかといえば、暗い話題がクローズアップされています。こんな時ですからこそ、悪い面、暗い面ばかりに目を向けず、良い面、明るい面にも目を向けることが必要です。職員室の会話も、元気がでる明るい話題でいっぱいになる様にしたいものです。そのためには、時には、視点をかえて考えてみることが必要です。沢庵和尚は「心を一所に置けば、偏に落つる」と戒めています。心が偏った状態にありますと、本来なら聞こえるはずのものが聞こえなくなるし、見えるはずのものが見えなくなるというのです。マイナスの面ばかりを見ているとプラスの面が見えなくなり、悪循環を引き起こしかねません。    
 
 また、教育を教育学的視点からばかりで見ていると行き詰まってしまいます。時には、他職の人々の意見や考えに接することで、解決のヒントを得ることができます。教育に関するものばかりを読むのでなく、時には、芥川賞や直木賞等の文学的なものやエッセイ等にも接するような心のゆとりも必要ではないかと思うのです。      
 人生はマラソンに例えられますが、教育も又マラソンと同じではないかと思うのです。坂道もあれば、平凡で単調な道もあります。心地よく走ることができる時もあれば、もう走るのをやめようかと思う時もあります。42.195㎞の長丁場を乗り切るには、自分なりのペ-ス配分が大切です。そして、適度な給水が必要なのです。もう随分前のことですが、出場した大会でほとんど途中リタイアすることがなかった名ランナー君原健二氏が、マラソンで途中棄権をしたいと思ったことはないかと問われ「もうやめようと思った時、次の曲がり角まで走ってみよう。その曲がり角をこえたら、また次の曲がり角まで走ってみようとやっているうちにゴ-ルが見えてくるのです。」と語っていたことが今でも心に残っています。 
 焦らず、怠けず着実に一歩一歩を刻んでいく一年にしたいものです。「一人の百歩より、百人の一歩」とよく言われますが「がんばろうや、せんせい」を合い言葉に今年も共に歩みたいと願っています。                           一九九八・一月


コメントは拍手欄から お願いいたします
プロフィール

よたろう

Author:よたろう
経歴:
元自動車セールスマン、
元 教師、
元 教育委員会指導主事、
元 校長、
現在:フリーター
子 2人 ,2人とも結婚  
孫 4人
 経歴だけ見たら、すごく真面目で、堅物のようですが、いたって普通のジジです。ボケ防止のためにもブログを開設しました。多くの方々と交流できたらと思っています。
子育て、教育、政治、よもやま話しませんか。

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -