FC2ブログ
2013. 01. 18  
無題
 大阪市立桜宮高校の体育科、およびスポーツ健康科学科の(120名)の募集をさせないと橋下市長が息巻いています。もし行うなら、その予算は出さないとまで言っているのです。市の中学校長会の実施申し入れに対しての解答は「そんな校長はいらん。」と一括でして終わり。受験生には「一つの受験がなくなったから人生が終わりなんてことはない。」と言ってのける。7人もの子どもを育てている父親の言葉かと疑いました。
 この問題に対する一連の言動を見ていますと、被害者への早い対応には支持しますが、その後の対応には納得いきません。入試を目前に控えこの高校を目指して頑張ってきた子らの声を無視する形での処置です。
 「原因を究明せずしてなぜ新入生を受け入れられるのか。」と主張。スピード改革が売りの市長なら1ヶ月もあったら、その位できるだろうと思います。
 原因についても、はっきりしているんじゃないかと思います。
 1.体罰が教育の一つだと容認してきたこと
 2.スポーツが勝利至上主義に陥っていたこと
 3.そのため、保護者も体罰を容認してきたこと
原因追及にそれほど手間がかかるとは思えませんし、それよりもこの学校をどう建て直すのかの提言を早く出していくことだと思います。この高校には他にもいくつものクラブがあります。顧問の教師もみんなついています。一生懸命にやっている教師も、体罰をしていた教師もいっぱひとからげで悪人にして攻撃するやり方はまさに、市長の得意の戦法です。
 大阪の教育は、人間を育てる教育をしてきたと自負しています。しかし、一人の男の登場により、その教育理念をさえ根底からひっくり返されてきています。当初は、「子どもに笑顔を」をスローガンに知事に当選してきたのです。それがいつの間にか、聞く耳持たぬ独裁者に変わってきています。この頃は、テレビに登場してくるだけで見たくもないし、自分の主張だけが正しいといった感じの話も聞きたくもないです。チャンネルを変更してしまいます。彼のバックボーンは、有権者の支持率(民意)です。支持していると言っても、彼らが言うこと全てを支持しているわけではないと思うのですが、「勝てば官軍」。何を言おうが何をしようが許されると考えているのでしょう。
 マスコミも、これほど首長の批判記事を書かないのも珍しいと思っています。マスコミをこれだけ利用する首長も少ないです。適当に利用され、自分たちの使命を忘れかけているマスコミにも首をかしげてしまいます。
 彼の横暴を制御できるのは大阪の市民、府民なのです。彼を選択した人たちは、その責任があると思います。したい放題、言いたい放題させないようにしっかりと監視し、言うべきは言って、行動すべきは行動して欲しいと思います。
 昨日は、近くに小学校に、「我が家の戦争」の話をしに言って、命の尊さ、平和の尊さを訴えてきました。この子らが1年生の時からこの学校に関わってきていましたので、この子達が、もうこんなに大きくしっかりした子になっているのに感激もしました。教室に入らず、つかまえようとする私と追っかけっこしていた子ども達が、1時間、しっかりと私の顔を見て話を聞いてくれていたのに感動しました。こうなるまでには、先生方の大変な苦労があっただろうなと思いました。ことがあったときに切り捨てることは簡単です。切り捨てずに、真摯に立ち向かうことが大切なのです。
 橋下市長よ、切り捨てで逃げるなと言いたいです。
昨日は、感激したり、むかっ腹を立てたりと情緒不安定の一日のよたろうでした。「大阪の教育が危ない」はまだまだ言いたいことがありますが、又 、アップしたいと思います。 


コメントは拍手欄から お願いいたします
プロフィール

よたろう

Author:よたろう
経歴:
元自動車セールスマン、
元 教師、
元 教育委員会指導主事、
元 校長、
現在:フリーター
子 2人 ,2人とも結婚  
孫 4人
 経歴だけ見たら、すごく真面目で、堅物のようですが、いたって普通のジジです。ボケ防止のためにもブログを開設しました。多くの方々と交流できたらと思っています。
子育て、教育、政治、よもやま話しませんか。

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -