タイトル画像

食事会にて

2012.11.30(22:29) 321

can-stock-photo_csp7504380_20121130203714.jpg
 今日は、昔の教師仲間A先生,B先生2人とかみさん、私の4人で、イタリアランチを食べに行きました。ブログ用の写真取り忘れてしまいました。ついつい、話に夢中になってしまいました。よくこの4人で食事会をします。

 元同僚の2人の女性の先生は、退職後もA先生は華道、茶道の師範の資格を持っており、お茶会等に忙しい日々だそうです。今一人のB先生は、現職の時から絵画に造詣が深い先生で市のMOAの審査委員をやっていましたし(孫のいる市ではありません)、加えて退職後はコーラス団に所属して多くの方と楽しく交流されているようです。この16日には隣の市で開催される第九の合唱に参加するとのことで招待券を貰いました。どちらも独身の先生で、本当に自由に退職後を楽しまれているようで羨ましいかぎりです。

image_20121130203144.jpg

 審査員をしているB先生の話では、出品は、学校単位か、絵画教室単位だそうですが、最近の学校からの出品のレベルが極端に下がってきているとのことです。以前にも書いたことがありますが、国語、算数、理科、社会、英語は飯の種、図工、音楽、体育、家庭科は一生の財産につながるものです。もっと知的教科のみならず芸術的教科にも関心を持って指導して欲しいなと思いました。
 国語、算数、(理科)だけの学力テストの結果ばかりが話題になる昨今、当然の結果かも知れません。特に都会ほどそれが激しいようです。私が教師をやっている頃から作文コンクール等での優秀賞は大都市以外の県の子どもの作品が多かったように思います。知性と感性を育てる教育を追求して欲しいなと思います。
 

 会場で頂いたパンフレットに、審査員のB先生の審査講評で次のように講評されていました。(講評抜粋)

「入賞作品に共通して言えることは、何を一番描きたいかという主題がはっきりしていることです。次に、それを表すために自分なりにどんな構成に?(何をどのようにいれるか)いろは?彩色の方法は?などよく考えられていることです。そして、個性のある創意・工夫された心のこもった絵になっているということです。絵の中からは、いろいろな言葉が読み取れます。画面のあちこちから語りかけてくると言うことです。今回も、それぞれに子ども達の思いが良く伝わる良い作品にたくさん出会うことができました。
 でも残念ながら応募作品の中に、技法指導にとどまるような作品や、対象物がしっかり描かれていても背景が描かれていないものあるいは画用紙の白いままの作品、絵と題名を照らし合わせても何を表したかったのかわかりにくい作品などが多くありました。題材選びは、とても大切です。そして、子どもに絵を描かせるのでなく、子どもの思いが伸び伸びと表れるような作品製作に取り組んでほしいです。
 次回、子どもたちの心のこもった楽しい絵がたくさん来ることを願っています。」
 
スポンサーサイト

老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「ああ言えば上祐、こう言えば上祐」

2012.11.29(23:37) 320

akikir_1.jpg
(アキノキリンソウ 花言葉:要注意)

 先日、久しぶりにオウムだった上祐史浩がテレビに出ていました。相変わらずの、「ああいえば上祐」調で自己弁護、自己主張の繰り返しを聞いていて、ふとどこかの市長を思い出しました。絶対に相手の言うことに頷くことなく如何に相手を自分の主張に引っ張り込むか、いわゆるディベートの達人だなと思いました。昨日まで言っていたことと、今日、言ったことと明らかに違うことを言っているのにそうではないことを言葉巧みに正当化する。まさに「ああいえば上祐、こういえば上祐」と一緒だなと思いました。

 今日本の政局は混沌としています。第三極だとか第四極だとか訳の分からない離合集散をやっています。いずれも、選挙目当ての良いことづくめの公約を並べ立てていますが、本当の腹の内はどうも違うような気がする者が多すぎます。

 かって、大阪の教育の合い言葉の中に「本当のことを、分かりやすく」というのがありましたが、本当に国民のことを考えて、本当のことを分かりやすく説明できる候補者や政党を選びたいと思います。(なかなかいませんが・・・。)

 今まで一度も棄権したことがありませんが、今度の選挙ほどどこの誰に投票したら良いか悩む選挙はありません。ただ、もうすぐ大河ドラマ「平清盛」も終わりますが、「衣の下に鎧を着た」政党にだけには投票しないようにと思っています




老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

いじめっ子の親になるな!1

2012.11.28(23:42) 319

無題
 もう20年以上も前の話でありますが、 知人の学校で、障害を持つ子どもを集団で「いじめ」ていたこと対して、担任の教師がつい感情的になっていじめていた子の中心人物を叩いてしまったそうです。それに対して、叩かれた子どもの親が学校に怒鳴り込んできたのです。その親は、我が子の「いじめ」に関しては、何の言葉もなく、我が子が教師に叩かれたことだけを問題として教師を責め立てたと言うのです。                        
 教師が子どもを叩くことは、教育の手段としては否定されるべきことであるかもしれませんが、親としての立場で考えたとき、我が子がもしこの「いじめ」の側であったなら教師に叩かれたことより以上に、弱い立場にあるものを馬鹿にし、いじめて平然としている我が子を情けなく思うし、そんな子どもに育てた自分を反省すると思いました。我が子が可愛くない親はいません。しかし、我が子可愛さで、何が大切なことであるかを見失わないようにしたいと思うのです。           
 子ども達ににもよく言ったことは、他人を軽蔑る人間は、自分も軽蔑されることになるし、他人を認めることが出来る人間は、自分も認めて貰えるようになるということです。他人のアラ探しをして喜ぶのでなく、他人の良さを見付けられる人間になって欲しいと思いました。子どもに要求するだけでなく、自分もまた、子ども達の心の奥が分かり、よろこび、悲しみが共有できる教師であり、親でありたいと思ったものでした。
 いじめ問題が大きい社会問題になっています。我が子がいじめられているのではないかという心配以上に、我が子がいじめる側の子になっていないかと心配して欲しいと思います。       
                     

老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

孫達よがんばれ!!

2012.11.27(23:32) 318

benkyo3.gif
 28日から、中学校の孫娘の期末テストです。わが子、2人の子育ての時はあまり気にもならなかったのですが、孫娘のことになると気になって仕方がありません。中間テストのあまりのできの悪さに、ガッカリさせられたからどうするのかなと様子を見ていました。結局、英語と数学は塾に行くことにしたようで週二回は夕食も食べずにおにぎりをかじりながら、迎えのバスに乗っていっているようです。塾に行かない日は、お母さんと一緒に勉強するようになったようです。娘も、面倒見てやらねばと感じたようで、毎日食後に勉強を見てやっているようです。

 先日の新聞だったか、小学校高学年の子にアンケート取ったところ、母親に勉強を教えて欲しいから仕事を辞めて欲しいが増えているという記事を見ました。学校だけで学力保障ができなくなってきている現実があるのが悲しいです。共働きしなければやっていけなくなってきている現代、母親の大変さに同情してしまいます。

 これまで、下の子2人が生まれてどちらかと言えばあまりかまって貰っていなかった長女の孫でしたが、久しぶりにお母さんを独占してがんばって勉強しているようです。教えながら、娘もわが子が分かっていないことが次々と分かってきて小学校の時はそうでもなかったのにと愕然としたようです。焦らずゆっくりで良いから基礎から教え直ししていかなければ仕方がないと言っています。
 この1ヶ月の様子を聞いていますと、それまで結構口答えしていた子でしたが母親と勉強しだしてからは、母親の言うことを聞いてくれるようになったようです。勉強も気にはなりますが、娘達の母と子の関係が良い方向に向かっているようで良かったと思っています。それに、孫娘が少しやる気を出してきたことが良かったと思っています。
 学力は一朝一夕で向上するとは思いません。今度のテストが飛躍的に上がるとは思えませんし、下がることだってあるかも知れませんが、励ましてやろうと思っています。


 そのあおりを受けているのは、5才の孫娘です。この子は場の雰囲気が読める子なので、今は母親に無理も言わずに、一人遊びをしたり、アンパンマンのビデオを見ているようです。
 たまたま、昨日熱を出したので、かみさんが看護に行ってやると大はしゃぎで熱も下がり、久しぶりに1日中相手をして貰い大喜びし、かみさんが帰るのを嫌がったようです。5才の子なりに気を遣っている姿に涙が出そうです。娘も、旦那が夜遅くまで仕事で帰ってこれず、一人で3人の子のあれこれを見てやるのは大変だろうなと思います。


 これから、高校入試、(大学入試)、就職試験、結婚と孫の行く先にはたくさんの試練が待ち受けていると思いますが、とにかく逃げ出さず、その都度、力一杯向かっていって欲しいと思っています。
 2人の子どもで楽させて貰った分、孫のことで胃を痛める苦しみを味合わなくてはならない定めなのかもしれません。3人の孫達は可愛いのでそれぞれ、幸せな毎日を送って欲しいし幸せな未来があって欲しいと願ってやまないジジ馬鹿よたろうです。




老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

がんシンドローム?

2012.11.27(01:12) 317

301_1s_29.jpg
 皆さんにご心配おかけしましたが、ようやく、パソコンに向かう気力が戻ってきました。気力を失った要因は、2日前、朝起きて咳き込み血痰が出たことです。結構出たので、何の血だろうと不安になったのです。45年もタバコを吸ってきたので、いつも肺ガンのおそれを抱いています。父はタバコも、酒も飲まない人でしたが「肝臓がん」で亡くなりましたし、兄は「膀胱ガン」で51才の若さ亡くなりました。ガンの遺伝的要素が言われていますので、ガンに対する恐怖は人一倍あります。いわば、「がんシンドローム」状態かなと思うときがあります。。
 だから血痰などが出ると敏感に反応して落ち込んでしまうのです。現在、ガンと闘いながら生活されている方はすごいなあと感じますと共に、自分がそうなったときにどうやって生きていくのか今から覚悟は持っておかないといけないとは思っているのです。
 幸いレントゲン等の検査の結果はガンの可能性ははないとの診断です。気管支からの出血か、鼻血か等の要因による血痰ではないかということでした。念のため、喀痰検査、結核検査もしておこうということで採血、痰の回収もしておくことになりました。
 今になって本当に、タバコなんか吸わなければ良かったと後悔しています。若い人で、タバコを吸っている方はがんばってできるだけ早く禁煙した方が良いと思います。孫達には絶対吸わないように、常々言い聞かせておこうと思っています。
 もっと、ポジティブな生き方をと思っていますが、長年で形成された性格はなかなかそう簡単には変えられませんが、家に閉じこもらずどんどん外に出て行って、楽しい時間をもてるように心がけたいと思っています
 
 

老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

絶不調です

2012.11.25(19:13) 316

昨日は、同情のコメントありがとうございました。今日は、ブログ消去のせいではありませんが体調不良でようやくパソコンに向かっています。明日、病院に行って調べて貰おうと思っています。皆様の温かい気持ち嬉しく思っています。



老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

あーあ、やっと書いた記事が消えちゃった。

2012.11.24(23:34) 315

1時間かけて書いた記事が、クリック間違いで全部消えました。
今日は、もう書く気力がなくなりましたので、失礼します。ガックリ!!



老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ジジババ参観に行きました。

2012.11.24(07:41) 312

 20日には、5才の孫娘の「ジジババ参観」がありました。かみさんと、朝早くから電車に乗って出かけました。3才まではいつも泣いたりで保母さんに抱っこして貰ってばかりで、行ってもっても張り合いがありませんでした。でも4才頃から急にしっかりしてきだして、何でもちゃんとやってくれるようになり嬉しく思っていました。今回も、「じじ、ばば来てくれる?」と娘に聞いていたそうです。
 はじめは運動会でした組み体操をもう一度して見せてくれ、次に歌を歌ってくれました、そしてダンスもしてくれ、何か急に大きくなってしっかりしてきたように思いました。ダンスもしっかり踊ってくれ、とっても上手にやってくれかみさんと2人で大喜びしました。最後は「肩たたきの歌」じじ、ばばの肩をたたいてくれました。
 子どもの成長って本当に早いと思いました。顔つきもだんだん幼児らしくなりしっかりしてきたなあと思います。その夜は、泊まりたかったのですが翌日が研究会でしたので、かみさんが夕飯を作ってみんなで食べ、デザートは前日の夜に、私が作ったクリームチーズを持って行って食べさせました。
 この頃は中学校のお姉ちゃんに、お母さんは付きっきりで勉強させていますので、一人でテレビを見たリ、遊んだりで一人遊びが増えているようです。だから、すぐに私の膝にすわりにきます。ちょっと可哀想な気がしますがお姉ちゃんも踏ん張り処なのでしょうがないかなと思っています。近くでしたら、ずっと相手してあげられるのにと、後ろ髪引かれながら孫達と別れて帰りました。
繧ウ繝斐・+・・DSCF3620_convert_20121124015447 DSCF3630_convert_20121124014745.jpg
DSCF3625(菫ョ謨エ1)_convert_20121124014626


老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

子どもが輝く”心が輝く” ”学びが輝く” ”未来に輝く”社会科学習

2012.11.21(23:40) 310

516e0Th78JL__SL500_AA300_(修整1)
 21日は、大阪府小学校社会科教育研究会による研究大会が私のすんでいる市でありました。上記のテーマでサブタイトルが~ひとと出会い、社会とつながる、こどもが主役の社会科学習をめざして~でした。私も、来賓として招かれ参加してきました。
 3年生から6年生まで各学年2クラスの授業と各学年実践報告2つずつありました。本市担当は授業3クラス、報告1本でした。そのうち授業2クラス、報告1本を私の勉強会の若手の先生がやることになり、夏休み以降からずっと指導案やら、資料やらを考えて今日の授業や発表になりました。
 授業は子ども達もよく頑張り、記念講演を頂いた有田和正先生にもお褒めを頂き若い先生方の自信と力になったと嬉しく思いました。若い先生方の粘り強い追求と努力に刺激され続けたこの何ヶ月でした。その苦労を見てきているので、本日の授業をみながら、涙がでるほど嬉しかったです。
 記念講演は「小学校社会科に求められる確かな学力の育成を目指して」の演題で、いつもの有田節で分かりやすいものだったと思います。その後、授業者の授業講評までしていただき、有田先生には感謝、感謝です。
 寒い中、府内の先生方がおよそ400人ぐらい集まりました。久しぶりに大きな研究大会に参加して力を貰いました。
 色々勉強になったことがありますが、若い先生に参考にしてもらい、すぐにやれることを一つ紹介しておきます。それは黒板に書くときどの色を使うかということです。有田先生の基本は、普通は白、重要なことは赤、はてな?は黄色だと言うことでした。子ども達にこのことをきちんと教えておいてやると子どもの思考が整理されると思います。是非実行してみて欲しいことです。
 本当は、今晩宿泊いただき若い先生方とゆっくり話す機会を取りたかったのですが、明日は又、鹿児島へ飛ばれるようでそれもできませんでした。77才の先生のタフさに舌を巻いた1日でもありました。
 有田先生の教育論はこれからもちょくちょく紹介していこうと思っています。先生方だけでなく、お母さん方も参観日の授業を見る時に参考になると思いますし、先生はこんなことを勉強してるんだなと分かっていただけると思います。

DSCF3646_convert_20121121220210.jpg  DSCF3645_convert_20121121220256.jpg



老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

子どもの信頼を得るためには

2012.11.20(23:21) 309

teacher_thumb2.jpg
昨日のつづき 

子どもの信頼を得るためには

①一人一人を大切にすることとは

・毎日どの子にも一声かけること。どんなことでも良い。
  (例)
  
・休んでいた子・・「もう大丈夫?」「しんどかったか?」等 登校してきた日には必ず声かけをすること。
  
・家庭に問題のある子・・「昨日は何時に寝た?」「はよねえや。」「今日は忘れ物がなかったな。」「晩ご飯は何食べた?」等

・子どもの家庭の変化・・「赤ちゃん元気?」「○○はおもしろかった?」「お母ちゃん元気になった?」等

・子どもようす・・「おっ、散髪したな」「髪切って可愛くなったね」「今日は顔色いいね」等

・子どもの興味・・「タイガース負けたな」等

・子どもの変化・・「よく発表するようになったね」「字がきれいになったね」「けんかせんようになったね」「背が高くなったね」等


②一人一人の子どもを理解すること


・子どもとしっかり遊ぶこと。(20分休憩、休み時間、放課後)しんどいけど今 それをしなければ先はない。職員室に戻ってお茶を飲む暇もないはず。子どもと遊ぶことで授業中には見えない姿を知ることができる。

・個々の家庭状況を調査票、前担任に聞くなど等してもう一度確認しておく。忘れ物、宿題忘れ等家庭状況に大きっく左右される。それを把握した上でその子のできることを考えて支えてやる。


③もっと笑顔を

・先生が自信なさそうにしたり、不機嫌な顔をしていると子どもは荒れやすい。もっと、子どもに冗談、軽口も言えるようにすべき。辛気くさい先生は嫌われる。

④変なプライドを捨てよ

・人として、教師としてプライドは大切。しかし、プライドを持つことと、他人に協力を求めることとは矛盾しない。

・どんなことが自分ででき、どんなことを援助してもらいたいか整理し、管理職、同僚先輩、保護者の協力を求めることが大切。

・保護者からの訴え、子どものもめ事、等について常に、周りの先生に話し自分の対応について助言や評価をもらうこと。分からないことは、どんどん聞くこと。             

 
「聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥」

⑤問題行動、発言する子ども

・学級崩壊の初めは数人の子どもの言動。今の学級でも、特に女子の何人かが大きく影響しているのでは?みんなの前で叱っても効果は薄い状況。一人で自信がないときは、ほかの先生(嘱託、管理職等)の同席を求めてもいい。

お詫び
火曜日には、孫の「ジジババ参観」で早くから出かけ夜遅くに還ってきて皆様方の所へ訪問できませんでした。訪問していただいた方ありがとうございました。もしかしたら、水曜日も、大阪府小学校社会科研究大会参加で遅くなるかも知れません。訪問もできないかも知れませんがよろしくお願いいたします。





老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
2012年11月
  1. 食事会にて(11/30)
  2. 「ああ言えば上祐、こう言えば上祐」(11/29)
  3. いじめっ子の親になるな!1(11/28)
  4. 孫達よがんばれ!!(11/27)
  5. がんシンドローム?(11/27)
  6. 絶不調です(11/25)
  7. あーあ、やっと書いた記事が消えちゃった。(11/24)
  8. ジジババ参観に行きました。(11/24)
  9. 子どもが輝く”心が輝く” ”学びが輝く” ”未来に輝く”社会科学習(11/21)
  10. 子どもの信頼を得るためには (11/20)
次のページ
次のページ