タイトル画像

よたろう 運動会に行く!!

2012.09.30(11:22) 255

28日、29日と孫の運動会に行って来ました。中学校は平日に行われました。長い間教師をやっていましたが、雨天延期以外で平日の運動会は初めてです。理由は分かりませんが、多分授業時数確保のためという口実ではないかと思います。運動会と言えば、最高学年による組み立て体操が定番ですがそれもありませんでした。普段からあまり練習の要らない種目ばかりで、運動会練習時間はほとんど要らなかったのではないかと思います。その分、学習面で効果が現れる授業を期待したくなります。平日でしたので、観客も少なくお母さんとジジ、ババばかりでした。聞くところによりますと、出場種目も本人の希望でやっていったそうです。孫娘は、走るのが苦手で一度も走る姿はなく、もっぱら騎馬戦、棒引きなど力仕事の競技にだけでていました。

 昔は、運動会と言えば地域の重大行事の一つで、家の子郎党総出で重箱持って出かけていました。運動会の味は出はなのの酸っぱいミカンと柿の味を思い出します。貧しくてもこの日だけは家族の温もりを感じる日でもあったような気がします。どうしても、親が来れない子は、ご近所さんが親代わりに一緒に昼食を食べていました。
 今は、都会の方からその雰囲気はなくなり、弁当も子どもは教室で食べるようになり、親の方も一度家に帰ってから昼からの部にまた来て参観するようになってきました。今回は、さらに進んで?平日実施とかっての運動会の面影はありません。
 私が勤めていた学校で以前土曜日開催をと保護者に提案してみたことがあります。しかし猛反対を受け結局日曜実施は変えられませんでした。大半が中小企業のかたが多くて土曜日休みではなかったからです。今回のように平日実施が容易に出来る時代の変化に、人と人とのつながりの希薄さの進行をを感じてしまいました。
 皆さんの地方ではいかがですか? 


 翌土曜日は小学校の運動会で、孫は足も速く活躍していました。こちらは家族連れが多く見られました。ただ一つ不満は、開会式に、来賓紹介を長々とやっていたことでした。昨日は朝は涼しかったので良かったですが、これが暑かったら、立っている子ども達はたまりません。この頃は、卒業式等の儀式でも、いちいち来賓紹介などしなくなっているはずなのですが、子ども中心に考えたら無駄を省くべきだと思いました。学校にはいろいろな行事がありますが、その形態等を見ていますと、その学校や校長がどっちを向いているかおよそ見当がつきます。
 いずれにしろ、2ヶ月ぶに孫達と会えて良かったです。行った日は、餃子を作ってやり、前日にクリームチーズケーキを作って持って行ってやりました。13日には今度は保育園の運動会なのでまた行かなければなりません。病気しないように気をつけて過ごします。

DSCF3396_convert_20120929234633.jpg DSCF3392_convert_20120929234119.jpg
 運動場のすぐ近くに新幹線が走っています。
DSCF3387_convert_20120929233845_20120930111448.jpg

小学校の運動会
DSCF3402_convert_20120929234747.jpg DSCF3405_convert_20120929235452.jpg

 


スポンサーサイト

老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

孫達の運動会に行ってきます。

2012.09.28(07:34) 254

28日(金)は中学校の孫の運動会29日(土)小学校3年生の孫の運動会。1泊してきます。運動会の報告は帰ってからします。

老年フリーターのつぶやき


子育て トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

あわれ?菱垣廻船!!

2012.09.26(23:23) 253

371higaki01.jpg
  今日の大阪市議会で大阪市海洋博物館「なにわの海の時空館」の廃止が可決されました。また一つの文化的建造物が消えそうです。この博物館は平成12年に完成した176億円もかけて造られたられたものです。
 建物は、フランス人建築家ポール・アンドルーにより設計され、オープン2周年を迎えた平成14年には、英国構造技術者協会から「Structural Special Award 2002」を受賞しました。
これは卓越した建築物、構造物に対して贈られる賞で、歴代の体表的は受賞建築物としてはオペラハウス(シドニー)やポンピドゥー・センター(パリ)があります。「なにわの海の時空館」が世界的に著名な建築物として評価されたのです。

 
 出だしこそは良かったのですが、交通の便が悪く年々入場者が減り、このところ年々2億円の赤字が続いています。当然、削減対象になったもので今日、議会で正式に廃止が決定したようです。
 建物を賃貸にして借り手を捜すようですが問題は一階に展示されている実物大の「菱垣廻船 浪速丸」です。
 全長29.4メートル、船幅7.4メートル、深さ2.4メートル。
 帆柱の長さ約27メートル、帆の大きさは18mX20m、荷物の積載可能量は 千石積ですので1000x0.15トン=150重量トン。大坂と江戸を結び食料品から日用雑貨、各種道具類、製品素材などを扱いました。大阪の反映に寄与した菱垣廻船は歴史的に大きな意味があります。
 菱垣廻船は食料品から日用雑貨、各種道具類、製品素材などを扱いました。比較的軽くてかさばるものが多かったので、荷物をうず高く上積みしていたそうです。
 歴史好きなら、復元模型を何とか保存して欲しいと思いますがどうなるやら分かりません。当時の市の予測の甘さが露呈した形です。箱物を造るときは将来をしっかり見つめて造るべき所ですが、意義だけが選考して帳尻を考えていなかった結果、今日の事態を招いたものだと思います。


 この復元模型は実際に海を航行させ、それから「時空館」の中に納められたようで、どうして、すぐに外に出せるような工夫がなされなかったのか、今にしてみれば思います。
 いずれは、分解され木くずになるかと思えば、なんたる血税の無駄遣いかと嘆かわしくも感じます。そして、その復元に心血を注がれた先生の気持ちを考えると胸が痛みます。
 箱物を造るときは、採算や利便性をしっかり検討して「時空館」のような轍を踏まないようにしてほしいと思います。公務員は何かを造ったり使ったりするときそれは、紙1枚でも全て税金でまかなっていることを忘れないで欲しいと思っています。



老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

よたろう ボケの始まりか!!

2012.09.25(23:15) 252

key2_2.jpg
 今日は昼から、散髪屋さんによって、病院に首を伸ばしに行ってきました。帰ってきたら、家に鍵がかかっていましたので、ポケットに手を入れ鍵を探しましたが手当たりがありません。やむなく戸をたたいてかみさんに開けて貰いました。
 夕方になって、かみさんと散歩に行こうと出かける用意をしていて鍵がないのに気づきました。病院と散髪屋に行くとき確かにポケットに入れたつもりですので、落としたと思って散髪屋さん、病院に問い合わせても落とし物はなかったとのことでした。家に帰って来た時にすぐに、鍵がないということで探せばいいの その時は何の違和感もなくかみさんに開けて貰っていました。
 今日、病院に行くときに間違いなく、かみさんが買い物に行ったりするかも知れないと思い、鍵をポケットの入れた確信していました。それがないので落としたとしか考えられず、名前もついていなくどこの鍵か分からないので、鍵 本体を変える必要はないと思い、合い鍵屋さんに合い鍵を作ってもらうことにし、かみさんが鍵屋さんに行ってくれました。
 かみさんがでて1時間ぐらいして、合い鍵二つ作ってもらい帰ってきました。
その鍵を見て、なぜか、ふと昨日涼しかったので、夏用の背広を着て展覧会に行ったことを思い出し、もしかしたらと思いタンスの中の背広のポケットに手を入れると、なんと真っ黒クロスケのホルダーが手に当たり、鍵が手に触りました。そこで はじめて、えー今日は鍵は持って行かなかったんだと分かりました。思いこみと忘れることが多くなり、ボケの始まりかとガックリした日でした。
 ボケ防止のためにも、ブログは止めてはいけないなとも思いました。こんなボケかけですがお付き合いのほどよろしくお願いいたします。




老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「ザ・大阪ベストアート展 -府&市モダンアートコレクションから-」

2012.09.24(23:30) 251

造る、造らないと色々もめて今だにすっきりしない大阪市立近代美術館準備室の「ザ・大阪ベストアート展 -府&市モダンアートコレクションから-」に行ってきました。50点の小展覧会でしたが結構見応えがありました。近代美術館については、建設を橋本市長になってすぐに凍結されました。佐伯祐三画伯の遺族の寄贈により画伯の絵をはじめおよそ256億円相当の絵画、彫刻を所蔵しているとのことですが、それがいつ全面公開になるやら不明です。大阪には、国立美術館以外には立派な美術館がありません。いつも、大きな展覧会は京都か神戸に行かなければ見られません。橋本市長がまず削減する標的はいつも文化的な物です。無駄を省くのは良いことですが、文化不毛の地にならないようにやって欲しいと願うばかりです。 今回の展覧会は、所蔵する作品に府民市民が投票して人気のあった50点の作品の展覧会でしたベスト3は次の作品でした。

osakabestart-img(修整1) osakabestart-img(修2)
1位 佐伯祐三           2位 モディリアーニ         
   郵便配達夫          髪をほどいた横たわる裸婦 

restrant_convert_20120924184039_convert_20120925090947.jpg

3位 佐伯祐三
レストラン

そのほか、横尾忠則、小磯良平、ユトリロ、ローランサン、上村松園などの作品も展示してあり、展覧会としては数が少なかったですが、ゆっくりと鑑賞でき良かったです。大阪にも大きな展覧会が呼べる美術館が欲しいとつくづく思いました。



老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

散歩と足湯と彼岸花

2012.09.23(23:30) 250

 肩の痛みも楽になってきましたので、今日は久しぶりに少し散歩の距離を伸ばして、足湯のあるところまで行ってきました。途中の川縁に彼岸花が群生していました。暑さ寒さも彼岸までと言いますが、今日は突然に涼しくなり、短パンから長トレに着替えて散歩に出かけました。
 足湯をやっているところまではおよそ3500歩ぐらいあります。肩の痛みで寝転がってばかりしていますと今度は腰が痛くなります。以前、腰椎間板の手術をしていますのでこちらも歩いたり運動したりする必要がありますので、かみさんに促され毎日少しでも歩くようにしています。
 たくさんの方に、励ましやアドバイスを頂き本当に感謝しております。「のど元過ぎれば」でなくほどほどに何でもやっていこうと思っています。改めてコメントいただきました方々にお礼申し上げます。


120923_165312_convert_20120923194138.jpg 120923_170557_convert_20120923194212_20120923194417.jpg




老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ありがとうございます。

2012.09.22(23:18) 249

illust1537.png
首を引っ張ってもらいだして、3日。痛みが軽くなってきました。パソコンも連続してやるのでなく、少しずつ時間を切ってやります。皆様にコメントがとっても薬になっています。ブログをやって本当に良かったと感じています。しばらくは、状況報告などになり面白くないかも知れませんがよろしくお願いいたします。



老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

毎日更新はむりかも・・・。

2012.09.21(23:25) 248

今はさほど痛くありません。パソコンをやらなかったら楽なのかも知れませんし、毎日首を引っ張りに言っている効果かも分かりません。毎日更新を目指していましたが、体調を見ながら更新していこうと思っています。訪問も全部の方に毎日は出来ないかも知れませんが、よろしくお願いいたします。コメントの返事も遅れますがご了承お願いいたします
BIZ1-0032.jpg




老年フリーターのつぶやき


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

肩こりの原因

2012.09.19(23:30) 247

11keitui01.jpg
この一週間ぐらい、左首から、肩、腕と鈍痛がつづいていました。朝起きたときは痛くないのですが、夕方ぐらいから腕を抜き取りたいぐらい痛いときがあります。先日、かかりつけの医者は一応整形も見てくれますので行きました。首のレントゲンを撮って、それを見ながら、椎間板が狭くなっているところがあるのでそれが原因だろうとのことでした。リハビリとして、首を温め、首を伸ばすのを8分ずつすることになりました。
パソコンで調べてみると原因の一つにパソコンとありました。かみさんもいないので、適当な姿勢て長々とパソコンに向かっていたのが悪かったようです。良い姿勢で、短時間で終わるようにしようと思っています。
今のところ、しびれとかはありません。もしそうなったらまた、腰椎ヘルニアを手術した専門医の所に行かなければならないのかなと思っています。さしずめパソコンを見る時間を少なくしようと思っています。
 それにしても、あちこちがよく悪くなる体だなと自分でもあきれます。健康保険がなかったらえらいことになるところです。高いけど保険料は払っていかなければならないなと思いました。


老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

わたしと  ことりと すずと

2012.09.18(23:10) 246

bird_a02_convert_20120918180653.png
わたしと
   小鳥と
     すずと

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面をはやく走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんなうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。
 

 これは、三年生の教科書にも掲載されている「金子みすゞ」の詩です。あまりにも有名な詩ですので、知らない方はいないのではないかと思います。
「金子みすゞ」といえば、思い出すのは、中学校の同窓生Aさんです。Aさんは、「金子みすゞ」研究の第一人者として郷里山口で今も大学などで講義をしたり、講演会をしたり活躍されている女性です。このAさんが思い出として残ってるのは、今は埼玉で大きな歯科医院をやっているS君と三人で市の消防署主催の学校対抗弁論大会に出場し、優勝したからです。個人ではAさんが優勝S君が3位で、私は5位で総合優勝だったのです。このころから、弁舌さわやかな方で、同窓会などでの挨拶も上手いなあと感心させられました。
 今ひとつ、金子みすゞに身近さ感じるわけは、下関時代の書店が私の高校時にも同名書店が存続していて、いつも利用していた書店でしたからです。

 ところで、この詩を読むたびに、教師としてのあり方を考えさせられます。
十人十色、みんなちがっていい。ちがいを認め合うことの大切さを感じます。しかし、その際 気をつけなければならないことは、違いを認めること=わがまま勝手を認めることにはならないということです。昨今、個性化教育が声高に叫ばれていますがややもすれば悪癖を個性と取り違えているような場合もあるように思います。個性とわがままを混同しない教育が大事だと思います。
 集団の中に個を埋没させることなく集団の中で個を活かし、さらに個が望ましい集団を形成するような教育を進めていかなければならないと思います。




老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
2012年09月
  1. よたろう 運動会に行く!!(09/30)
  2. 孫達の運動会に行ってきます。(09/28)
  3. あわれ?菱垣廻船!!(09/26)
  4. よたろう ボケの始まりか!!(09/25)
  5. 「ザ・大阪ベストアート展 -府&市モダンアートコレクションから-」(09/24)
  6. 散歩と足湯と彼岸花(09/23)
  7. ありがとうございます。(09/22)
  8. 毎日更新はむりかも・・・。(09/21)
  9. 肩こりの原因(09/19)
  10. わたしと  ことりと すずと(09/18)
次のページ
次のページ