タイトル画像

大阪府の教育破壊

2017.03.30(19:08) 1186

大阪府は文部科学省の学力テストの点数が思うようにあがらないので、この学力テストを高校入試の内申点にしようともくろみましたが、文部科学省の指摘で取りやめました。ところが今度は大阪府だけで行う一斉学力テスト(チャレンジテスト)を実施し、学校の平均点に応じて内申点を割り振ると言った馬鹿な制度を実施することになっようです。年一回のテストで、しかも学校の平均点の高い学校には5が20人いて、同じ点数を取っていも平均点の低い学校の子は5がもらえない仕組みです。驚くことはこればかりではありません。テストもしない芸能教科にも適応されると言うことです。算数や、国語はダメでも体育得意、音楽得意という子もたくさんいます。しかし学校全体の5教科平均点低いと極端に言えば日本記録を持っていても5にはならないと言うことになります。誰が考えてもおかしなことなのに大阪の教育委員会を中心とした教育行政は崩壊しているとしか思えません。
しかもこれは中学一年生から行うというのです。チャレンジテストを絶対評価として使うのならまだしも学校の平均点で内申点の割り振りをするなんて信じられません。それならチャレンジテストの時普段の成績の悪い子は意図的に欠席して学校の平均点を上げればいいです。よくもこんなアホな制度を考えるなと大阪の教育委員会の無能さ、教育者がいないことに腹が立ちます。これは例の橋下の残した悪制度です。今年の高校入試にも大きな変化がありました。特定の高校に倍率が昨年以上になったりしていました。どんなにがんばっても学校の連帯責任制のチャレンジテストで将来の目をつぶされる子ども達がかわいそうです。
 橋下の教育に対する考えは点数さえ上げればよい、学校間格差など問題ない。ダメな学校はつぶせ。ダメな子は腐ったミカン扱いの教育観です。大阪が「15の春に子どもを泣かすな」という趣旨で学区制を何年もかけて作り上げてきたものをたった1年のド素人がつぶしてしまったのです。このナンセンスなチャレンジテスト制度が早急になくなることを切に願います。なぜなら中一の孫がすでに被害を受けているからです。
  維新の会の教育政策は全くナンセンスで、今回の森友学園問題も当時の橋下知事の規制緩和が根幹にあります。大きな打ち上げ花火だけあげて急にいなくなった男の罪は許されないと思っています。
スポンサーサイト

老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

体調不良

2017.03.24(10:16) 1184

昨日はあまりに胃痛が激しく、かかりつけ医に時間外でしたが見て貰いました。むかつきを押さえる注射をして貰い、痛みが治まらなかったら点滴もしてみるからいつでも電話してきてくださいと言われ帰宅。8時には床につき6時に起きました。痛みはなく、食パン、豆乳ジュース、サラダを食べました。ちょっとお腹が痛くなりトイレに行き、はじめは普通の便で少し後下痢しました。1日で1kg痩せました。また痛むようなら来てくださいと今朝、病院から様子を聞く電話がありました。ありがたいことです。午前中はいつもどうもないのですが午後からが問題です。どうもないことを祈っています。

老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

戦前回帰

2017.03.14(19:44) 1179

  森友学園のニュースや国会中継を見ているといらいらします。肝心なことは何も語らず戦前の教育思想をとうとうと語る姿に怒りさえ覚えました。このような似而非愛国者が教育者として支持され生き延びていける日本の未来にも不安を感じます。加えて、デビィ夫人みたいなのが大手を振ってテレビで支援すると言う事態にも日本将来の危険を感じます。デビィ夫人は今まで好きなテレビ人でしたが今日からやめです。教育勅語が当然のように肯定されていますが、内容以前にこれが歴史の中でどのような役割を果たしたかをしっかり考えるべきです。森友学園の家族の異常さにも驚きます。教育をあまりにもなめてると思います。教育勅語の掲げる12の徳目だけに焦点を当てて肯定することはとても危険です。まだ小学校作りをあきらめていないとのことですがそんな学校ができないこと、そんな学校に我が子を行かせようと望む親がいなくなることを祈るばかりです。
 世界をみても日本の総理をみても戦前回帰の様相が感じられとても不安になります。日本のすぐ側に頭の狂った非人間的な将軍様?がいる国が存在していることも不安です。孫達が大きくなったときも平和な日本であってほしいと心の底から思う昨今です。
 久しぶりに病気以外のことを書いて疲れました。

老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

この不安感

2017.03.10(11:05) 1175

今日は何もしたくない、考えたくない。4月4日に山口で大学の寮生の鑑桜会の案内が来ました。とっても行きたいのに行けるかどうかと今から不安に思っています。

老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

先生の超過勤務

2017.01.15(16:47) 1159

yjimage_20170115165056020.jpg
  
今日の新聞によりますと小学校の先生の週の労働時間が全員50時間以上で60時間を超えるのは72.9%と出ていました。私の時代に言われた言葉に「提灯学校」というのがあります。夜遅くまで電気がついている学校を揶揄した言葉です。勤務時間は書類上朝8時から夜の5時までです。1日の労働時間は法令上8時間で、その場合1時間の休憩時間を与えるとなっていますが、小学校では給食があり給食指導をしますので実質の休憩時間はありません。実質の指導に関する子どもと向き合う労働時間は朝練や夕練などのクラブをのぞけば、週45時間になります。子どもを帰してからの会議やら書類の整理やらと5時に帰るることはほとんど無いと思います。週60時間勤務は書類上のことで実際はもっと多いはずです。多分これは学校にいる時間あるいは家庭訪問している時間の合計だろうと思います。
  教師の大変なところは実は帰ってからのことが多いと思います。なぜなら、子どもに教えるためには様々な準備がいります。何を使ってどのように指導すればいいのか、どんな順番でやっていけばよいのか、何を用意しなければならないのかなど家庭持ちの先生でしたら夕食を終えてから寝るまでに準備している先生が多いはずです。その時間を入れれば60時間どころではないです。私が現役の頃は夜12時までに床についたことはありませんでした。今でも多くの先生がそうではないかと思います。学校にいる時間だけが就業時間ではないのです。それの倍ぐらい、多くの先生は家に仕事を持ち帰ってやっていることを知ってほしいと思います。
 最も負担に感じる仕事は、「保護者、地域からの要望、苦情への対応」が8割を超えてます。モンスターが現れると教師生命を奪われる先生もいます。教育は「共育」であり「協育」でもあります。文句や要求はしてもいいですが、自分のやるべき事もやってからにしてほしいと思ったこと、言ったことは何度もありました。時には新聞紙上をにぎわす、教師落第の教師もいますが、先生の大半はそうではなく身を削っていることを知ってほしいと思います。
 負担に感ずる事で多いのは「国や教育委員会からのアンケート」ということのようです。委員会にいたとき年間2000以上の書類が来て、各校に発送されているのに驚きました。中には何のための調査か分からないものや通達も多くあった気もします。アンケートなどをとるだけならいいですが、それの集計、分析までさせられては本来の指導の時間を奪われてしまいます。教師にやらせず専任の事務方を置きそれにやらせる政策をとってほしいと思ったものでした。
 精神疾患になる教師は今でも決して減ってはいません。先生が子どもと向き合える時間をもっと保証する教育行政がほしいです。

老年フリーターのつぶやき


教師 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
教師
  1. 大阪府の教育破壊(03/30)
  2. 体調不良(03/24)
  3. 戦前回帰(03/14)
  4. この不安感(03/10)
  5. 先生の超過勤務(01/15)
次のページ
次のページ