2017. 10. 16  
yjimage_2017101616242626a.jpg

突然の冬到来で我が家の堀ゴタツちは今日から始動です。マットもじゅうたんに敷き替えました。ついでに屋根裏の整理をしました。久しぶりに作業をしたらとてもしんどくなりしばらく横になっていました。寒暖差についていけない感じです。インフルエンザの予防接種をしたいのですが体調がよくならないとできません。今年は流行が早いみたいなのでできるだけ早く打ちたいと思っているのですが………。23日には尼崎で中学校の同窓会があります。そこにも参加したいなと思っていますが体調がどうなるやら。
2017. 10. 13  
治療計画_convert_20171013075301



  これは、先日ステントを入れた冠動脈の様子を観察するために1日入院し、カテーテル検査をしてもらった時の退院治療計画書です 今まで、何度も入院し退院治療計画書もいくつももらいましたが、こんな文言がかかれた計画書は初めてです。主治医のやさしさを感じました。不安症の私の気持ちを思いはかってくれたものです。 
 治療後の療養上の留意点に「大丈夫ですよ」と書かれているのを見て本当によかったと思いました。
 昨日あるテレビ番組で医師へのアンケート「かかりたくない医師」という項目で「患者の顔を見ないでパソコンに向かって話す医者」というのがありましたが本当にそうだと思います。いい先生は必ず顔を見て話してくれます。今の先生は、時にひざをたたいてくれたり、肩をたたいてくれたりして安心させてくれます。技術の優れた医師は心も豊かなんだなあと感じさせられます。
2017. 10. 11  
昨日の夜に熊本から帰ってきました。義兄の手術もうまくいって退院し意外と元気にしていましたので少し安心しました。私は不整脈があったりで今ひとつ気力がなく、ぼんやりと5日間を過ごしました。かみさんは一人で食事の支度などとても気を遣ってやっていました。以前でしたら私が料理を作っていましたが今回はできなくてかみさんにしんどい思いをさせたなと思いました。樹齢100年以上の栗の木がありイガグリがたくさん落ちていましたので毎日クリ拾いしました。そしてクリのイガを猫よけに大阪の我が家に送りました。家の周りや前に敷きました。
 我が家の並びにノラネコに餌をやる馬鹿夫婦がいるので毎日が憂鬱です。去年までは3匹ぐらいでしたが今年は10匹ぐらいに増えて町会中に糞をしてまわっています。昔は猫を飼っていて猫派の私でしたが今は猫を見ると糞に見えます。可愛いとはちっとも思いません。この頃はご近所トラブルで殺傷事件があり変な人間が増えてきて正当な注意もできない時代です。近所の馬鹿夫婦も氏素性が分からずうかつに苦情も言えないのでストレスばかりがたまります。余命がドンドン短くなるような気がしています。
 野良犬は捕獲してくれますがノラネコは捕獲してくれません。どちらも危険な存在だとは思うのですが、行政の対応もお役所仕事です。馬鹿夫婦がいなくなることを祈るばかりです。
2017. 10. 02  
今日は、かかりつけの病院で胃カメラの予定でしたが不整脈が続き気分が悪かったので延期して貰いました。その後心臓の方の病院に行き、主治医の診察を受けました。不整脈との関連ではないのですが、ステントを設置して1年近くになりますので設置したステントの通り具合を明日一度見てみることになりました。カテーテル検査です。最初の心筋梗塞の時体調が今ひとつなのでカテーテル検査をしてと何度も言っていましたがその時はやって貰えず結局とことん詰まってしまい心臓の筋肉が壊死してしまいました。もっと早く検査をしていてくれたらとその病院と医師を怨みました。
 今回は最新のステントを入れていますが念のために検査をしておこうということになりました。万一何らかの異常があれば早めに手が打てると思います。本当に人の命は医師の腕次第とつくづく思います。明日のカテーテル検査が何もないことを祈っています。
2017. 09. 30  
yjimage_20170930181444547.jpg


  またまた我が家の近辺には野良猫がが増えてきた。6軒向かい合わせの12軒の組です。その一番端の馬鹿夫婦にとても困っています。11軒は持ち家ですがその馬鹿夫婦の家だけが借家です。以前住んでいた方が他に家を建て貸しているようです。以前は大型犬が玄関にいつもつながれ生きている間一度も散歩してもらえず大小便は玄関前に垂れ流しで家の前を通るとものすごい悪臭でした。4,5年してその犬が亡くなり玄関前がすっきりしたと喜んでいましたら、今度は玄関の外に猫のえさ箱を置いて簾で隠して野良猫に餌を与え始めたのです。たちまち野良猫が集まってきて、この列の家の空間に糞をするようになってきたのです。本人の家はほとんど空間がないのであまり糞はされていないようで、例えされたとしても犬の時を考えれば糞のにおいなど気にならない夫婦なので困った者です。町会長などに訴えても、ちょっと強面のおっさんで逆恨みされそうで誰も注意していません。とにかく家の周りにされてはかないませんので有刺鉄線やら猫よけ高音波器など対策をしています。金銭的にも馬鹿になりません。掲示板や、回覧板に注意換気をしているのですが全く無視されます。家主に注意して貰いたいのですが連絡場所が分かりません。他人の迷惑が分からないやつは愛猫家でも何でもないと思います。この頃の猫は、土でなくてもコンクリートの上に糞をします。たちが悪いです。今日も家の前の道路に我が家の前、お向かいさん、三軒となりさん、さらに少し離れた並びの端の家の前に糞が並んでいました。それでなくとも、不整脈が続いてしんどいのにいらぬストレスがかかって不整脈頻発です。命が危機にさらされそうになったらババアどもに直接談判する覚悟ではあります。
  他人の迷惑を考えない人間が増えてきたように思います。世界にも日本にもそんな輩が政治をしています。穏やかな老後を過ごしたいです。
2017. 09. 25  
yjimage_2017092516301979e.jpg

 このところ不整脈特に徐脈傾向で胸が気持ち悪くなるときがあります。脈拍が40台や30台になるときがありますがめまいや失神はしません。今日は掛かり付け医の定期健診でしたので、その旨を伝えると心電図を撮ってくれました。ちょっと普段と違う感じなのでカテーテルをやって貰った総合病院に紹介状を書いてくれ昼からの診察をとってくれました。いつもの総長先生は今週はお休みなので予約専門の循環器内科の部長先生が変わりに診察してくれました。もう一度心電図を撮って診察してくれ、一応「怖い不整脈」ではないと言われ少しホッとしました。ステントの再狭窄を通して約1年になりますので一度カテーテル検査をしておいた方がいいとも言われました。いつも見ていただいている総長先生に手紙を書いておくので10月2日に相談しなさいと手配してくれました。私も1年経ったら一度検査してほしいと思っていましたのでちょうど良かったです。薬を塗ったステントですが100%狭窄しないというものではないことは知っていましたので調べてほしいと思っていたところでした。
 もし又詰まっていたらどうするのですかと聞いたら又通したらいいと言われ処置の仕方があるんだと思いちょっと安心しました。多分10月半ばぐらいに検査カテーテルをすることになるだろうと思います。無事に冠動脈が詰まらずきれいに流れていることを祈ります。掛かり付け医、部長先生の素早い段取りに感謝です。
2017. 09. 19  
yjimage_2017091916572677e.jpg

  今日は月1の「うたひろば」にかみさんと行きました。駅近の神社内にある地域の集会所で月1開催されています。昔の歌声喫茶みたいなものです。20人ばかりのシニアの方が集まってアコーディオンの伴奏で2時間ばかり歌います。ほとんどがよく知っている童謡や演歌などです。普段声を張り上げることも少ないのでここでは大きな声で歌うことができ喉を鍛えることに役立っています。人見知りするタイプなので来られている方に話しかけることが出きません。もっと気楽に友だちになれたらいいのにとは思っているのですがなかなかできないです。近所の友人などは出会う人にすぐ声をかけ知り合いになる特技があります。羨ましいです。近所にもっと色々話せる人がいたらいいなとつくづく思います。でも人見知りの性格はそう簡単には治りません。仕方がないか・・・・。
2017. 09. 18  
yjimage_2017091810411249b.jpg

 台風も何の影響もなく無事に通過しました。我が家ではゴーヤの棚が倒れたぐらいでちょうど片付けようと思っていましたのでちょうど良かったです。今日は、「敬老の日」です。朝のテレビ番組で「あのときこうしておけばよかったと思うことはありますか?」という質問をシニアの方にしていました。連れ合いを亡くされた方は多くは亡くなられた方にもう少しいろいろしてあげれば良かったと言われていました。そんな話を聞いていて、幸い今は我が家は二人とも生存していることに幸せを感じました。その上で今までのことを振り返って「ああしとけば良かったこと」って何だろうと考えました。
  学生時代もっと勉強しておけば良かったかなと思いましたが、考えてみればもし優秀な成績を収めていたら間違いなく大企業に就職して、企業戦士になっていただろうと思います。そうすると今のかみさんとも別れていたかもしれないし、教師にもなっていなかっただろうと考えると、学生時代をエンジョイしたのは間違いではなかったように思いました。セールスマンから教職に就いたことも後悔はありませんし、今の状況に不満はありません。
  ただ一つ思い当たることがあります。それは、65才まで働いてましたがそれから以降することを見失い、パチンコに没頭しギャンブル依存症のような感じで、食生活も不規則な日々を過ごしたことです。もうもうと煙る煙草の煙の中で、なかなかフィーバーしないストレスにさらされたことが、心筋梗塞や肺ガンを誘発したような気がします。友人のようにシルバー人材センターに登録し健康のために何かの仕事を続けたり、エアロビクスに通ったりと退職後の健康な生き方を心がけておれば良かったなと思います。
 今も特に何かをすることもない生活ですが、週1で河内音頭体操に行ったり、毎朝のラジオ体操に行ったり、毎日4000歩以上の散歩に出掛けたりと運動するように気をつけ、また、できるだけ料理をするようにしたりと体と頭を使うようにしています。
とにかく今の一番の思いは孫達の健やかな成長と、かみさんに心配かけないこと、かみさんが喜んでくれることが心の支えのような気がします。二人で元気に長生きすることが目標です。
2017. 09. 15  
yjimage_20170915082429d3b.jpg

 朝っぱらから「狂った豚」のミサイル発射でテレビはすべてその関連になった。時折「狂った豚」の顔が出てきて体調が悪くなりそうです。「日本を核で海中に沈めてやる」なんて脅しをかけてくる。普通ならそんなことはないだろうと思いますが、「狂った豚」だったらあるかもしれないと思ってしまいます。
 国内では先日東京地裁が朝鮮人学校への援助はノーという判決を出しました。当然だと思います。もし援助を受けたいのならこの「豚」との縁を完全に切った上で申請すべきです。現状では「将軍様」教育は否定されていず、スパイの巣窟「朝鮮総連」とも手を切らなければ日本の税金を投資することはできないと思います。
 又、しばらく「豚」の満面の笑みとハイテンションのおばはんの顔をしばらく見なければならないのかと思うとテレビを消しておきたいです。
 トランプの馬鹿たれも、今回のミサイルに関してもアメリカ本土は大丈夫だと言っているという。と言うことは日本に何かあっても守らないよというメッセージだと思う。トランプの本心はアメリカさえよかったらいいが原則です。アメリカだけに頼っていたら日本は本当に「豚」に核を打ち込まれると思うと不安です。孫の笑顔を見る度にこの子の、未来は大丈夫かなと気になる昨今です。
2017. 09. 13  
yjimage_201709131901456e3.jpg

  もうすぐ3ヶ月になる、東京の孫の様子を娘が置いていってくれたipadにほぼ毎日孫の様子を動画で送ってくれます。毎日かみさんと今日はきていないか1日に何度も調べてしまいます。機嫌のいい子であまり泣くこともなく笑顔の動画が多いので本当に癒されます。
 職場から電動ベビーチエアーを借りているようで、ゆっくり自動で揺らされて気持ちがいいのか寝ていて時々笑っています。今年職場を変わったばかりですので育休がとれないようです。保育所にも入れなかったようですが、近所に市認定の預かる人がいて、時々預かって貰っているようですがそこでもいつも機嫌がいいようで安心しました。来年の4月からの保育所は決まっているようです。正月には会えると思います。今から楽しみです。
コメントは拍手欄から お願いいたします
プロフィール

よたろう

Author:よたろう
経歴:
元自動車セールスマン、
元 教師、
元 教育委員会指導主事、
元 校長、
現在:フリーター
子 2人 ,2人とも結婚  
孫 3人
 経歴だけ見たら、すごく真面目で、堅物のようですが、いたって普通のジジです。ボケ防止のためにもブログを開設しました。多くの方々と交流できたらと思っています。
子育て、教育、政治、よもやま話しませんか。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -